ブリュッセル・フランボワーズ (樽)
f0153267_1425877.jpg

Brussels Framboos (3.5%、Brouwerij Van Steenberge N.V.)
セリスホワイトがベースで、フランボワーズの果汁が加えられているビール。クリークの方は樽を何度か見かけてますが、フランボワーズは初めて。飲んでみると甘酸っぱくて、おいしい。後味に少しホワイトビールっぽい味を感じますが、ほとんどジュースとしておいしいと思います。他のビールもそうだけどフランボワーズはクリークより味に人工的な感じが無く(単にクセが無いだけか)、酸味もやや強くて、私は好み。ベルオーブ六本木にて。


ところでクリークの樽の時には気付かなかったんですが、今回お店で小瓶のラベルを見て思い出しました。ベルギービールを飲み始めた時、特にフルーツビールをいろいろ買い集めていて、その時に飲んだことがあったんです。おー。再会。ベルギービールには珍しく乙女チックでゴージャスなラベルですよね。

f0153267_14222762.jpg

その時の写真。一番手前がブリュッセル・フランボワーズです。この頃は、カンティヨンは酸っぱくて苦手だったなぁ。
  
[PR]
by ni_ko_mi | 2009-09-22 14:25 | ベルギーのビール
<< グーデン・カロルス・トリプル (樽) ストライセミッケラー >>