阿佐ヶ谷海晴亭で我を忘れる
海晴亭(海雄亭)でいろいろ飲み食いしたくなって、女性四人で行ってきました。

f0153267_23491832.jpg
ヒューガルデン・ホワイト Hoegaarden White 4.9%
まずは皆でヒューガルデン。うまいねー。フルーティ。独特のちょっとぬるっとした感じもあり。行った日が(店の中が)暑かったせいもあるのか、おいしくて飲みやすくて、つい2杯。炭酸が弱いから飲めちゃう。海晴亭名物のたこ焼きとの相性もいいんです。春野菜のメニューにもぴったりでした。白ビールを爽やかでおいしいって思えるようになるとやっと春になってきたなーと思いますね!

f0153267_23492687.jpg
エヒテ・クリーク Echte Kriek 6.8%
甘酸っぱいビールを挟んで。皆がミスティックだったので、もうちょいビールの酸味が目立つものを選んでみました。レッドビールの甘酸っぱさがベース。今回はわりと酸味が目立ったかな。

f0153267_23511351.jpg
シメイ・グランリザーブ Chimay -Grande Reserve 9.0%
青の大瓶。ちょい重めの、甘めの、ベルジャン!ってビールを飲ませたくなって、大瓶で分けてみました。へへ。2009年の若いシメイ。開ける時もポンッていい音しました。重いけど重すぎず、甘味豊かで、良い。炭酸が元気な感じでドライというか後味すっきりという印象も。もっととろっとしてからも好きだけどこれぐらいの状態もいいと思います。


最後にデザート代わりにリンデマンスのフランボワーズを飲みました。リンデマンスの濃い甘酸っぱさは好きです。炭酸もわりとしっかりですね。ジュース的なんだけど、ジュースより厚みのある味。



 
 
>>>阿佐ヶ谷海晴亭の酒の肴
f0153267_2351355.jpg
まずはたこ焼き。ねぎだこも。やっぱりうまいー。ソースも、マヨネーズがかかってないせいなのかな?わりとさっぱり食べられるんですよね。白ビールに合うように考えられてる気がします。

f0153267_23514174.jpg
春メニュー。左、野菜たっぷり・豚肉の鉄板蒸し、柚子胡椒ポン酢。タレがばっちりでした!右は鉄板焼き空豆。さやごと焼いて、豆はほくほく。そのままでも塩をつけても粉山椒をつけてもおいしい。春の味!

f0153267_23514840.jpg

久しぶりに食べたくなって、れんこんチーズ焼き。たっぷりチーズの味とれんこんのシャクシャクとした食感がたまりません。ビールが進む~

f0153267_23515484.jpg
アボガド好きな人が頼んだアボガドとみょうがのサラダ。これ、気になりつつも今まで自分では頼んだことが無かったメニューなんですが、すっごくおいしかった!クリーミーなアボガドにみょうがの独特の味がぴったり。タレもぴったりでおいしかった!醤油ベースの・・・にんにく?アンチョビかな?うーん、分からない。教えて欲しい!そういえばアボガドって山葵醤油で食べたりしますね。醤油ベースのタレが本当にぴったりで、そしてみょうががビシっと締めてました。

f0153267_235215.jpg
何度でも食べたくなる、たこめし。醤油の甘辛いタレ、ごはんに混ぜられた大葉の風味も、やわらかく煮られたタコも、、、あー、もう。また食べたい!

f0153267_2352642.jpg
ベルギーといえばのフリテン。芋がおいしいんですよねー。なんとも。

f0153267_23521377.jpg
そして・・・店長が出してくれたデザート。バニラアイスにかかっているのは・・・チョコレートっぽいけど色が少し違う、よく見ると透き通ってるし、あれ?これもしかして?ずっと気になってたアレかしら・・・?と気にしながら食べてみるとやっぱりどこかオイリーな感じもするし、やっぱりきっとこれは・・・で、店長に聞いてみると、正解!パンプキン・シード・オイル。デイリーポータルZ「油専門店で我を忘れる」を読んでからずっと気になっていたんです。いやーまさかここで出会うとは!

無茶苦茶おいしいです。ほんのり甘く、チョコのようなナッツのような胡麻のような風味。それぞれのおいしさがつまってる感じ。少しオイリーだけどそれはチョコやナッツに油分を感じる時と同じ程度で、ベタベタ油っぽいわけではなくさっぱりしてる。バニラアイスとの相性ばっちりでした!

リンデマンス・フランボワーズもおいしかったです。

いつもは一人で行くことが多くて、二皿ぐらいしか食べられないので、いつも同じものばかり食べてしまうんですが、今回はいろいろと食べることができてそのどれもがおいしくてウハウハでした。海晴亭の食べ物は和風な味付けが多くてホッとします。
[PR]
by ni_ko_mi | 2010-04-24 16:35 | ベルギーのビール
<< カルメリート、ルート・ボック、... LAMBIC SPRING S... >>