セント・ベルナルデュス スペシャルコース The 深澤の会
f0153267_11593935.jpg

ベルオーブ豊洲、深澤シェフのスペシャル料理の会。今回はセント・ベルナルデュスのマルコとハンスを迎えてのベルナルデュスコースです。



 
f0153267_1259034.jpg
乾杯のビールはセント・ベルナルデュス・ウイット。この後は各自自由で。


f0153267_130494.jpg
【アミューズ】馬肉とラトゥイユのトマトシャーベットかけ
おいしかった!馬肉は全然臭味がなく旨味がぎゅっと。ラタトゥイユともよく合うし、ラタトゥイユ好きなので。この先が楽しみになる一皿目です。


f0153267_134309.jpg
【前菜】フォアグラと鶏のムースリーヌ 松茸の炙り添え
これはとにかくキノコ類の香りが素敵だった。添えられた松茸もだけど、黒いスライスされたものはトリュフ(たぶん)。真ん中の山はクリーミーなものをイメージしてましたが少し豆腐っぽいような、高野豆腐っぽいような、もそもそっとした食感で面白かったです。


f0153267_13123398.jpg
【魚】伊勢海老のウニソース焼き
玉葱とセント・ベルナルデュス・アブトを練りこんだプチパン
豪華、伊勢海老!これはメニューを見た時からびっくりしてたんですが料理を目の前にして改めてびっくり。ぷりぷりの伊勢海老がおいしかった。ウニの風味が後から来ますね。日本酒飲みたい(ありゃ)。手前の枝豆(たぶん)もいい。玉葱入りのパンがまたよく合うのです。


f0153267_13235257.jpg
【肉】オックステール 赤ワイン煮 ペリオールの香り 自家製ヌイユ添え
三種類のスパイスを使ったアブトパン
ビールもペリオールを頼みつつ。これはおいしかった!今回の一番のお気に入り。赤ワインの甘酸っぱい風味がしみこんだオックステールが最高。やわらかく煮込まれて、骨からも簡単にはずれます。"ヌイユ"はパスタ。ソースがよくからんでおいしくて。で、で、この料理が良かったのは、パン。黒こしょうのきいたパンを食べて、肉を食べると、黒胡椒の風味が加わってこれがまたおいしい!びっくりしました。


f0153267_13332898.jpg
【デザート】柿のスフレグラッセ
二種類の柿を使ったデザート。けっこうボリューミー。たっぷり食べて満足!な感じ。パリパリにした皮が添えられていてこれがまた面白かったですね。スフレグラッセはムースのようなアイスのような、両方楽しめる冷たさでした。


f0153267_13412769.jpg
【小菓子】パート ド フリュイ ~洋梨とペーターのゼリー飴~
これでラスト。コーヒーをいただきながらちょこちょこつまめるのは嬉しい♪ 写真右奥がゼリー飴で、時計回りにトリュフ、巨峰、栗、でした。栗が甘くてねー。おいしかった。



外のテラス席に机と椅子をずらっと並べての大人数の会でしたが、よくあの人数をさばけたなーと思います(30人ぐらい)。ある程度は事前に仕込んだんだと思いますが、仕込みだけでも大変だっただろうなぁ。置いておく場所の確保だけでも大変そう。

この日は途中から大雨になってしまって、屋根付きとはいえテラス席、寒かったり少し濡れたりはしましたけども、ホッカイロやひざかけ毛布をくれたり、席を組み替えてくれたりと、店員の皆さんの気配りで楽しく過ごすことができました。マルコとハンス、それと輸入・輸出関係の仕事をしているというシ・リーさんも楽しそうでした。


f0153267_1352199.jpg
マルコにサインをもらうシェフ。ご馳走様でした!

[PR]
by ni_ko_mi | 2010-10-31 23:35 | ベルギーのビール
<< リンデマンス・グーズ AMERICA EXPO で ... >>