デコーニンク樽
f0153267_12102692.jpg

国立のち、阿佐ヶ谷。国立のルクリマでしこたま飲み食いしたのに、帰り道の電車の中で海晴亭にデコーニンク樽が入ってることに気づいてしまい、途中下車。

デコーニンクはほどよく軽く、ほどよく苦くて、麦の香ばしさと甘味もほどよくて、なんというか、ちょうどよい味でした。おいしい。本当は三杯ぐらい飲みたかったけど、さすがにお腹いっぱいで、一杯だけ。鴨スモークも食べちゃったし。
[PR]
by ni_ko_mi | 2011-08-27 12:12 | ベルギーのビール
<< ブラッセルズ・ビアラリー201... ルクリマで魚三昧 >>