ベルオーブ豊洲のクリスマスディナー
クリスマス限定のディナーをいただいてきました。

f0153267_2184630.jpg
オード・ベールセル(Oude Beersel)のグーズを食前酒に。ほどよい酸味でちょうどいい。


f0153267_2184667.jpg
アミューズ、シャンピニオンのスープ。寒い日だったからこれは嬉しかった。


f0153267_2184660.jpg
f0153267_2184635.jpg
前菜、パリブレストのサラダ仕立てロースハムのムース。パリブレストといえばデザートのイメージですが、これはそれを食事にしたもの。シュー生地自体は元々甘くはないので、食べてみてなるほどと思いましたが出てきた時はびっくりした。中にはクリームではなくハムのムースで、これがまたおいしい。グーズも相性よし!


f0153267_2184633.jpg
クリスマスビールということで、ボン・スクール・ノエル( Bon Scours Blonde de Noël)、それとセント・ベルナルデュス・アブト(St. Bernardus Abt 12)。どっちも久しぶり。どちらもまったり&重くておいしかったですねぇ。冬のビール。


f0153267_2184613.jpg
メイン、牛フィレ肉とフォアグラのソテートリュフソース ~ロッシーニ風~。これもおいしかった!フォアグラっておいしいなぁと改めて思いました。


f0153267_2184627.jpg
お腹の状態を確認してくれたうえでパスタを出してくれました。トマトと海老。やっぱり炭水化物を食べてこそ落ち着くってもんです。色もおめでたい感じで華やか。


f0153267_2184659.jpg
デザート、シャルロット・オ・フレーズ。フルーツのソースがしっかり酸っぱくて、だからこれだけ食べた後でもすっきりと食べやすい。おいしかった~。
   
[PR]
by ni_ko_mi | 2011-12-31 21:08 | ベルギーのビール
<< 家のクリスマスは 16's Stairi... >>