ジーザス・レゼルバと2012年新春お節プレート
実家からの帰り、ベルオーブ豊洲に寄りました。2012年初ベルギービールです。

f0153267_22362732.jpg

目的はこれ、ジーザス・レゼルバ(Struise Tsjeeses Reserva,10%)。飲んでみると甘くて重くてでもさっぱりでおいしい。甘くしたアイスティーのようでもあり。苦味が紅茶の渋味っぽくて。今の状態が一番おいしいかも?と思う状態でした。というか、少し時間が経ったら味が変わるだろうなと思う味。よりおいしく化ける可能性もありますが。

それと、このアルコールの強さと炭酸は、料理の脂がすっきりと流されていっていいですね。


f0153267_22395438.jpg

そして、お節プレート。

f0153267_22402735.jpg

別の角度からも。

写真右上から左に、マグロのタルタル温製卵添え、ずわい蟹のキッシュ、天使の海老と下仁田ネギの炙り焼き フォアグラ添え。手前中央はイベリコ豚のパテとレンズ豆のサラダ、右隣りがマカロン(ルバーブのジャム)。

いつものことながらどれもおいしいんですが、特にネギが甘くておいしかったなぁ。とろとろのフォアグラと一緒に食べると、こってりなんだけどネギのおかげでしつこくなく食べられて。マグロのタルタルは丼をイメージしたそうで、米の代わりにクスクスが使われていたのが面白かった。キッシュは蟹がたっぷり。チーズとハムのキッシュロレーヌもあってそっちもおいしいんですが、蟹もよかった♪


f0153267_22483728.jpg

金柑と生姜のグラニテ。冬ですねー。金柑には冬を感じます。少しすーっとするなと思っていたら、それは生姜。冷たいのに食べると体が温まるという面白いデザートでした。冬ですねぇ。


f0153267_22484772.jpg

最後にオード・ベールセルのオード・クリーク(Oude Beersel Oude Kriek,6.5%)。キリッと酸っぱくて、お腹いっぱいな状態にちょうどいい。少しシナモンのようなスパイスの香りを感じたんですが、ラベルに書かれた材料には載ってなかった。少量過ぎて書いてないのか、それとも果実の種からの風味なのかしら。

そんなわけで今年も良いスタートでした。
   
[PR]
by ni_ko_mi | 2012-01-03 23:45 | ベルギーのビール
<< ふじやまビール・デュンケル 大森のあわ(メルシャン)、越乃寒梅 >>