ベルギー&イギリスの旅2012、3日目メモ(ロンドン→ブリュッセル)
6時に起きて仕度。昨日の夜のパイを食べる。ホテルはチェックアウトして、スーツケースを預かってもらって、街へ。キングス・クロス・セント・パンクラス(King's Cross St-Pancras)駅で、ユーロスターの確認をしてからぶらぶら。いろいろとお店があって楽しい。オリンピックグッズの店もあった。

f0153267_20564861.jpg


地下鉄でピカデリー・サーカスまで。エロスの像を眺めつつ、大通り(Regent St.)をぶらぶらと。ユニクロを発見したりしながら、アップルストアへ。旅の連れがiPhoneの充電器を忘れたとかいうのでしょうがなく付き合ったのだけどこれはこれで面白かった。

f0153267_2101885.jpg

f0153267_2122241.jpg

そして念願の(日曜日には入れなかった)ウエストミンスター寺院。けっこう早い時間に着いたはずなのに、既に大行列。しばらく並んで入ると、いきなり尼さん?らしき女性にどこから来たのかと尋ねられ、JAPANと答えると、日本語の音声ガイドを渡されそうになり・・・「えー、さくっとまわるつもりだったからいらないんだけどなー」なんて思って微妙な顔をしていたら「無料だから!大丈夫よ!」と熱心に勧められ(英語で)、「いやいやそこが気になっていたわけではなくて」と思いつつも、ありがたく受け取ることにする。聞きながらまわると、ひとつひとつの意味が分かって面白い!結果、時間はかかってしまったけど無茶苦茶面白かったので悔い無し。歴代の国王・女王の豪華なお墓の他、ニュートン、ダーウィンのお墓も確認。

寺院をさくっとまわってそれからあれとこれと・・・と考えていたプランは無しにして、フォートナム&メイソンへ。各階を見てまわって楽しんだ後、最上階のティールーム(St.James's Restaurant)でアフタヌーンティー。12時。お昼ごはんを兼ねて、三段トレイ。一段食べ終わるごとにおかわり有無を聞いてくれることにびっくり。スモークサーモンのサンドイッチと、スコーンをおかわりする。スコーン用のレモンカードがおいしかったな。紅茶もたっぷり飲んで、のんびり、優雅な時間。そして満腹。

f0153267_2152134.jpg


ホテルへ戻り、荷物を回収して、駅へ。出国審査、手荷物検査等々あり、びっくり。金属探知機のゲートを通る時、日本語を知っている係員のお兄さんに「カギ!カギ(ポケットに)イレテナイ!?」「(荷物が)オモイ!」とか言われる。なごやかムード。しばらくホーム下で待たされた後、ホームが案内されて、そして念願のユーロスターに乗車。


ユーロスター内では子供大泣き。うーん、優雅な旅にはならないな。夏休み時季だから?海越えは、あまり感じる要素無し。海岸線を走ったりすることもなく。長いトンネルだったなーという感じで終了。15:04発、18:05着。時刻だけ見ると3時間だけど、時差で1時間プラスされるので実際は2時間。

f0153267_2050749.jpg

さて、ベルギー・ブリュッセル。ブリュッセルは、帰ってきたなーって思ってしまうのが不思議。イギリス出国の際には荷物・パスポートのチェック等々あったけどベルギー側では特に無し。


ホテル・メトロポールへ移動。割り当てられた部屋は、窓からの景色はイマイチだけど内装は可愛い。荷物を置いて、グラン・プラスへ。ステージがある?フェスらしい(翌々日)。

f0153267_21134548.jpg


夕飯は、スピネコプケへ。地図を持ってなくておぼろげな記憶を頼りに店を探したんだけど、なんとか辿りつけた。今までは暗くなってから行くことしかなかったから、明るいのがむしろ分かりづらいという罠。
f0153267_21151261.jpg
f0153267_21195910.jpg
f0153267_2120930.jpg
f0153267_2120197.jpg

ファロを飲む(たぶんカンティヨンの。メニューには銘柄は書かれていないので分からず)。甘いけど甘すぎず、おいしい。料理は、トマト・クルベット。大量。チコリの苦味がおいしい。アメリカン(タルタルステーキ)は、「No cooked. It's raw.」と散々説明されて「OK,OK, I know」と何度も答えた末にやっと注文できた。それから混ぜるものをわざわざ説明してくれて(ハーブ、ピクルス、オニオン、ケッパーなど)、タバスコだけ外してもらい、他は全部入れてもらうことに。ケッパーの塩気と酸味が良かった。しかし多い。後は豚フィレ・カロルスソース。グーデン・カロルスが使われたソースが甘くておいしい。芋もついてきて、これももちろんおいしいのだけど、お腹いっぱい!


それからムーデル・ランビック(2号店)へ。
f0153267_21221332.jpg

カンティヨン・ロゼドガンブリヌス(フランボワーズ)の生。フレッシュで、飲みやすい。瓶の酸っぱさも好きだけど、これはこれでおいしい。連れが飲んだBINKは花っぽい香り・風味。ムーデル・ランビックとデラセーヌのコラボビールがあって飲んだはずなんだけど、味をまったく覚えてない。残念。

ホテルに戻って、シャワーを浴びて、寝る。23時ぐらいかな。ベルギーも寒くて、雨がち。明日はどうだろう?


In't Spinnekopke
>>> In't Spinnekopke
>>> 【ratebeer】In't Spinnekopke, Brussels

Chez Moeder Lambic Fontainas
>>> Chez Moeder Lambic - Beer is the answer
>>> 【ratebeer】Chez Moeder Lambic Fontainas, Brussels
    
[PR]
by ni_ko_mi | 2012-09-02 22:00 | ベルギーのビール
<< 友達のウエディング・パーティーにて ベルギー&イギリスの旅2012... >>