ルルカン
f0153267_237291.jpg

f0153267_2373041.jpg

ルルとティルカンだからルルカンっていうネーミング、好きです。ラベルは半々で冗談みたいな感じ。中身の方は、ボトル後ろの説明によるとルル・ブリューン7/8、ランビック1/8ということなんですけども…飲むとちゃんと酸っぱい!ランビック(ティルカン)強し。混ぜただけじゃなく、その後に熟成させてるのが大きいのかな。そのままだとバラバラになりそうな組み合わせだと思うんですが、よく馴染んでました。おいしかったです。グラスは最初はルルのでぐびっと行って、冷えが取れて酸味が立ってからはワイングラスがよかったです。

★ Stout Rullquin
★ ベルオーブ豊洲で、2月に。
[PR]
by ni_ko_mi | 2015-03-05 23:07 | ベルギーのビール
<< セルべシア 純米アフス生原酒 >>