タグ:[旅]ベルギー2013 ( 14 ) タグの人気記事
2013年ビールの旅、目次
2013年に行ったベルギー旅行記の目次です。

まぬけなことに後ちょっとというところで更新ストップしていてまだ書き終わってないのですが、とりあえずどこに何書いてるか探しやすいようにしておきたくて。ビール関係以外の場所もここに挙げるかは悩み中。


★ベルギーに行ってきました
プロローグ的な。

★1日目 (成田→ウイーン→ブリュッセル)
ウイーン空港、'T KELDERKE、Chez Moeder Lambic Fontainas

★2日目前編 (ブリュッセル→オーデナールデ→アイネ)
Casino、Bolero、Brouwerij Cnudde
★2日目後編 (ゲント)
Gruut

★3日目前編 (ブリュッセル→ディナン)
Caffe Leffe
★3日目後編 (ブリュッセル)
Chez Leon、A La Becasse、Chez Moeder Lambic Fontainas

★4日目前編 (ブリュッセル)
Cantillon Brewery、Le Bier Circus、Mort Subite
★4日目後編 (ブリュッセル・オメガング)
Ommegang Charles Quint、Little Delirium

★5日目前編 (ブリュッセル→アントワープ)
Brouwerij De Koninck、Afspanning De Hand
★5日目後編 (アントワープ)
Belgium Beers、Quinten Matsijs、Kulminator

★6日目前編 (ポペリンゲ、ワトウ)
Sint Bernardus、Het Ovenhuis
★6日目後編 (ワトウ)
Sint Bernardus(B&B)、Brouwershof (Van Eecke brewery and tap)、Nouveau St. Eloi、(’t Hommelhof)

★7日目前編 (ワトウ→ブリュッセル→ベールセル)
Sint Bernardus(B&B)、3 Fonteinen Restaurant、3 Fonteinen Brewery / Brouwerijshop、Oud Beersel Brewery、Centrum Hotel(バー)


今はまだここまで!あとちょっとなんだけど・・・。タグ [旅]ベルギー2013 でまとめて表示できます。
  
[PR]
by ni_ko_mi | 2015-08-22 11:56 | ベルギーのビール
ベルギーの旅2013、7日目前編 (ワトウ→ブリュッセル→ベールセル)
七日目(金曜日)。翌日朝には飛行機。やり残していることは…ドリフォンです!でもまずはワトウから。


朝は8時前に起きて、B&B(セント・ベルナルデュス醸造所併設)でのんびり。天気は曇り気味の晴れ。9時でお願いした朝食の前に、少し外をぶらり。

f0153267_1648387.jpg
f0153267_16484955.jpg
f0153267_16494868.jpg
f0153267_16495559.jpg
f0153267_1650256.jpg
f0153267_16501194.jpg
f0153267_16502443.jpg
f0153267_16503550.jpg

爽やかな朝。醸造所のオフィスにはまだ人影無し。ショップの開店時間を確認してB&Bへ戻る。


f0153267_165278.jpg
f0153267_16521725.jpg
f0153267_16522744.jpg
f0153267_16523629.jpg

B&Bの朝ごはん。ここの朝ごはんが大好きだ。

卵はゆで卵にしてもらった。ハードボイルドで!オムレツと目玉焼き(クロック・ムッシュの)は別で食べてたし、ゆで卵もソフトなのはホテルにあるんだけどハードは久しぶりで嬉しい。ジュースはたぶんアセロラだったと思う。コーヒーたっぷり。チーズはベルナルデュスのものと思われるチーズが置かれていて、嬉しい。


f0153267_16524946.jpg

朝食の場所にいた小鳥(飾り)。こういう可愛いものでいっぱい。


f0153267_1658539.jpg

朝食後、醸造所のショップへ。連れが前日にも買ったサイクルパンツを買う。友人分。「昨日も買ってたわよ」と言われたので、「友達用に!」と説明しました。そしたら「ジャケットはいいの?」と。OK、OK、持ってる。

オフィスの方に回ったら、Mさんがいたので、東京で会う約束をしてお別れ。


外の写真を撮ったりしつつ、部屋に戻ってのんびりする。10:40ぐらいに会計して、ホテルを出た。予約してもらったベルバスは11:10とのこと。会計がすんなり終わっちゃったから時間が余って、でもまぁいっかーって感じで道に出て景色を見納めしていたら10:50にベルバスが来た!!

運転手さんが「Station?」と聞いてくれたので、「Yes!!」と答えて乗る。もしかして違うバスかもと思ったんだけど、合ってるみたい。


f0153267_1751188.jpg

ボケボケでごめんなさい。バスの時刻表。ポペリンゲ駅を出る時間は決まっているのだけど、各停留所には電話のマークのみ。待ってても停まらないのね。


バスから降りる時、運転手のお兄さんが「セント・ベルナルデュスに泊まったの?ビール好き?次回はセント・シクストゥスにも行きなよ。NO.1ビールだよ。ベルバスを呼んでくれれば10分で行けるから」と話してくれた(英語)。これは嬉しかったー。実は前に行ったことあるんだけど、今回は行けなかったから、「ありがとう!次回ね!!」と答えて降りた。



f0153267_1781880.jpg
f0153267_1782880.jpg

バスが11:10だとギリギリかも、と不安だった11:30の電車には無事に乗れた。ブリュッセルへ帰る。

一度ホテルに戻り、荷物を置いてから買い物へ。グラン・プラス近くのカルフールでガレのチョコを買ったり、ダルシーでチョコを買ったり、ゴディバで家用の板チョコを買ったり。ホテルにチョコを置きに戻ってから、ぶらぶらしつつ、駅へ。


f0153267_17172892.jpg

途中で寄ったギャラリー・サンチュベールにある本屋。昔は舞踏会場だったそうで、内装が素敵だった。


さて、ドリフォンへ向かいます。
f0153267_17182068.jpg

ドリフォンがあるベールセルへはこの電車で。ベルギー国鉄のアプリ、大変お世話になりました。ホームの番号まで載ってて超助かる。

f0153267_1721656.jpg
f0153267_17211536.jpg
f0153267_17212748.jpg

駅の奥に見える三角の屋根はベールセル城。2010年に目の前まで行きました。


f0153267_17315545.jpg

駅の目の前はこんな草原。


f0153267_17322725.jpg

そして坂を上る。

この時点で16時頃。まだ昼ごはん食べてないし、さあいっぱい食べるよー!とドリー・フォンティネンのレストランに行ってみると、開いて無い・・・。バカンスで休みだった去年のことを思い出しつつも、今年はまだバカンスじゃないはず!と店の前まで行ってみたら、時間帯の問題だった。ランチの後は18時から。まだ2時間もある。一応事前にWebで調べてはいたんだけど、分からなかったなー。

しょうがないので、先にショップへ。

f0153267_1743423.jpg
f0153267_17435284.jpg

ショップは開いてたんだけど、アルマンがいなくてどうしようかなーと思ってたら来た。一年前に一緒に撮らせてもらった写真を見せたら、笑顔で「おー!」ってな感じに。「毎日いろんな国から訪れる人がいるから、覚えてなくてごめん」てなことを言ってくれた。ブラジルからも来るそう。すごいなー、こんなとこまで。自分もだけど。今はたしか月1で見学会の日もあるから、いつかその日にも来てみたい。

ショップではビアジャムとアルマン4を購入。アルマン4は一年後が良いとのこと。それからボトルは横にするようにとも。

f0153267_17511751.jpg

今回なぜか正面から全体を撮った写真が無かったので、2010年の写真を参考までに。


さて、レストランまではまだまだ時間あり。オード・ベールセルまで行ってみる。日本で印刷しておいた地図を頼りに、合ってるかどうかよく分からない道をてくてくと・・・ちゃんと辿り着けました。

f0153267_17545434.jpg
f0153267_1755623.jpg

Oud Beersel 。こちらも月1で、毎月第1土曜日には見学できるみたい。土曜日か。ベールセル駅、土日は電車が止まらないから難しいな。


f0153267_1825951.jpg
f0153267_1831141.jpg

それからまたしばらくぶらぶらしてみるも、レストランまではまだ1時間ぐらいある。


まいったなー、どうしようかなー、と思っているところにあった Centrum Hotel 。
f0153267_1852523.jpg
f0153267_1854018.jpg
f0153267_1855117.jpg
f0153267_186425.jpg

その一階のカフェがなかなかのラインナップ。意外に他では見ないランビック祭りっぷりだったので、時間もあるし思い切って入ってみる。(写真2枚目は一度通り過ぎてから振り返ったところ)


f0153267_186372.jpg
f0153267_1864486.jpg

樽のメニューから、Boon Kriek と Lambic 。Lambic はどこのものか分からず。わりと綺麗な味だったから、オード・ベールセルかな?グラスはジラルダンだけど。Boon Kriek は甘めでおいしい。たしかどちらも一杯1.8ユーロ程度で、安かった。雰囲気もよかったな。店員のマダム・お兄さんも優しかったし。超近所のおじいさんがにこにこと微笑みかけてくれたのも嬉しかったし。ビールもちょっと他では見ないラインナップで面白い。入ってみてよかった!オススメです。

ドリフォンのレストランにすぐ入れてたらここには気付かなかっただろうな。むしろラッキーだったのね。


後編に続きます。


Sint Bernardus
>>> Sint Bernardus - Watou -
>>> Het Brouwershuis (B&B)
>>> 【ratebeer】Sint Bernardus Brouwershuis , Watou

3 Fonteinen Restaurant
>>> 3 fonteinen - Restaurants - Beersel
>>> 【ratebeer】3 Fonteinen Restaurant , Beersel

3 Fonteinen Brewery / Brouwerijshop
>>> Proef 3 Fonteinen
>>> 【ratebeer】3 Fonteinen Brewery - Brouwerijshop , Beersel

Oud Beersel Brewery
>>> Oud Beersel , Bersalis brengt leven in de brouwerij
>>> 【ratebeer】Oud Beersel Brewery , Beersel

Centrum Hotel
>>> Centrum Hotel
>>> 【ratebeer】Centrum Hotel , Beersel
  
[PR]
by ni_ko_mi | 2013-11-10 22:00 | ベルギーのビール
ベルギーの旅2013、6日目後編 (ワトウ)
六日目(木曜日)つづき。引き続きワトウです。

今度は自転車でワトウの中心地へ。広場に自転車を置いて、ぶらーっと。

f0153267_1374593.jpg
f0153267_1375762.jpg

休み中だったホメルホフ(レストラン)!食べたかったー。

貼紙はオランダ語で、「休暇中です。6/24~7/4まで。7/5(金)夜再開。」 ・・・この日は7/4(木)、休み最終日!翌日(金曜日)夜はブリュッセルにいないと日本に帰れないんだよー。直前に調べて知ってはいたものの、やっぱり残念。


f0153267_1391129.jpg
f0153267_1393387.jpg
f0153267_1395124.jpg

広場のまわりいろいろ。教会にも入ってみた(Kerkhof Sint Bavo)。白い壁にステンドグラス、綺麗な教会だった。あと、教会ってだいたい涼しいんだけど、ここは暑かったな。

それと、肉屋の横の道を入ったところにチョコレート屋ができたとセント・ベルナルデュスのMさんから聞いていたので、行ってみた。これがまた金・土・日のみの営業で入れず。看板によると、「金:14:00~18:00、土:10:00~12:00&14:00~18:00、日:9:00~12:00」とのこと。(2013年7月時点)

夕飯向けに何か買おうと思っていたSPARは昼休み時間後も開かず。ここも休暇中だったのかな。なので肉屋で、パテとチーズとマカロニサラダを買う。


f0153267_1404684.jpg
f0153267_1405690.jpg
f0153267_141866.jpg

広場の近くには Van Eecke brewery があって、併設されたビアカフェを発見。恐る恐る入ってみる。中は地元の酔っ払い親父でいっぱい。からまれつつ(暴力的なのじゃなくてやいのやいのつっこまれる感じ)、店のマダムがきりっとにこっと対応してくれて、なんかアメリカのドラマみたい!と面白くなってしまった。ビールは、私は Watou's Wit で連れはホメルビア。どちらも小瓶。ありゃー樽じゃないのかーなんて思って飲んでみたら無茶苦茶おいしかった!!Wit、爽やか!!!でも水っぽいんじゃなくて、おいしい。日本で何度か飲んだことあるけど、もっとまったりしてたはず。これはおいしい。びっくりした。ホメルビアも、昼に飲んだのよりこっちの方がおいしかった。瓶でも、飲んでみなければ分からないもんだね。ここは入ってみてよかった。

もしワトウに行くことがあったら、ここで飲んでみてください。



f0153267_144544.jpg
f0153267_145570.jpg
f0153267_1451825.jpg
f0153267_1453047.jpg
f0153267_146030.jpg
f0153267_14889.jpg
f0153267_148287.jpg

一度B&Bに戻り、肉屋で買ったものを置いて、ちょっとごろっとして、また自転車で外へ。

田舎道を走る。


f0153267_1485245.jpg
f0153267_149582.jpg
f0153267_1491895.jpg

ratebeerに載っているフランス国境近くのお店 Nouveau St. Eloi を探して自転車で一走り。素敵ー!と思ったけど、まだ時間が早いせいか人があまりいなさそうなのと(18時)、酔ったら自転車で転びそうな気がしたので入らず。写真だけ撮る。


f0153267_1534168.jpg
f0153267_1535113.jpg

黒い標識がフランス、白い標識がベルギー。国境上を走りました。


f0153267_1553386.jpg

牛!(ベルギー)

写真を撮ってたら牛が集まってきて焦った。



f0153267_1561415.jpg
f0153267_1563418.jpg
f0153267_1564652.jpg

B&Bに戻って、リビングで飲む(20時)。冷蔵庫から好きなだけ飲んでいいのです。

自分たちだけなので気楽。他にお客がいるのもまた面白いだろうけど。


f0153267_1585690.jpg
f0153267_1583642.jpg
f0153267_1584718.jpg
f0153267_159107.jpg
f0153267_1592058.jpg
f0153267_1593319.jpg

ビールはWitから。肉屋で買ったマカロニサラダが合う!マカロニ、トマト、きゅうり、玉葱、マヨネーズ、マスタード、かな。肉類が入ってないのがむしろ良い。パテはやわらかめ、Witには合わないな。ってことで次にペリオールを。うまーい。重過ぎず、軽過ぎず。日本から持って行ったうに煎をバリバリ食べる。これまたうまい。連れからトリペルをもらう。ペーターも半分もらう。体調がいいのか、今回はどれを飲んでもおいしい。アブトもすごくおいしい。でも眠くて眠くてもう飲めない。


f0153267_203023.jpg
f0153267_203878.jpg

途中で一度外に出てみた。涼しくて気持ちいい。星がよく見えそうな場所だけど、曇っていたので見えなかった。残念。(23時)


f0153267_21542.jpg

そんなこんなでこの日も終わり。静かにゆっくり過ごせる日が一日あるのは、やっぱりいいなと今回改めて思いました。
 


Sint Bernardus
>>> Sint Bernardus - Watou -
>>> Het Brouwershuis (B&B)
>>> 【ratebeer】Sint Bernardus Brouwershuis , Watou

’t Hommelhof
>>> Hommelhof Watou
>>> 【ratebeer】’t Hommelhof , Watou

De Witte Parel. (チョコレート屋)
>>> " De Witte parel " Chocoladehuis te Watou.

Slagerij Vermeulen -Noppe (肉屋)
>>> Slagerij Vermeulen -Noppe

Brouwershof (Van Eecke brewery and tap)
>>> Nieuws | Brouwerij Vaneecke
>>> 【ratebeer】Brouwershof (Van Eecke brewery and tap) , Watou

Nouveau St. Eloi
>>> Au Nouveau St-Eloi Watou
>>> 【ratebeer】Nouveau St. Eloi , Watou


#更新が予定より遅くなってしまいました。すいません。m(__)m
  
[PR]
by ni_ko_mi | 2013-11-04 02:06 | ベルギーのビール
ベルギーの旅2013、6日目前編 (ポペリンゲ、ワトウ)
六日目(木曜日)。オメガングは火・木なので、この日もオメガングがあったんですが、ワトウまで遠征です。ワトウと言えばのレストラン・ホメルホフが水曜日休みなのでそれを避けて予定を立てたんですが、直前にWebで調べ直したらホメルホフはホリデー中で休み!ならワトウ行きは水曜日でよかったなーと思ったわけですが、まぁ今更しょうがないやってことで。この日はワトウ泊です。ベルナルデュスに併設されているB&BをWebで予約しました。ポペリンゲ駅からB&B(と醸造所)までは、B&Bの人にベルバスを予約してもらいました。


いよいよ残り日数もわずか。6時に起きて、ご飯を食べて用意して、元々の予定の電車より1本(1時間)早い電車に乗ることに。電車の遅延が不安だったので。

f0153267_054781.jpg

ギャラリー・サン・チュベールを通って、ブリュッセル中央駅へ。


f0153267_055816.jpg

落書き多め。コルトレイクで車両が切り離されたので、車両を乗り換え。ポペリンゲまで行くのは前三両分らしい。


f0153267_065139.jpg
f0153267_084253.jpg
f0153267_0114596.jpg

時刻表通り10時半頃到着。予約してもらったベルバスは11時半なので、それまでポペリンゲをぶらぶら。


f0153267_0115873.jpg

HOPPETRABEL という看板がありました。旅行会社?


f0153267_0135252.jpg
f0153267_014049.jpg

広場まで出てみたら、移動遊園地設置中だった。


f0153267_0142545.jpg

広場のまわりのお店には、テラスの屋根の布にセント・ベルナルデュスのマークがついていたり。


f0153267_0151325.jpg

SPARに入ってみたら、セント・ベルナルデュスのマグナムが売ってたり。


f0153267_015543.jpg

道(石畳)にはホップのマークがあったり。(何かの栓?)


f0153267_0163413.jpg

よく分からないけど像があったり。


f0153267_017688.jpg

交通手段ごとの観光地案内があったりしました。(左から、歩き、バイク、自転車、かな)

写真にちらちらと写っている教会にも入ってみました。キリストが十字架にかけられるまでと、その後の復活の流れを描いた絵が。たしかアントワープの大聖堂にもあったんだけど、ここにもあって、この絵で聖書の内容を教えていたんだろうなぁ、としみじみ。


f0153267_0192949.jpg
f0153267_0194179.jpg
f0153267_0195222.jpg

ポペリンゲ駅に戻り、連れはトイレへ。駅員から鍵を借りないといけない。いろんな人が親切に教えてくれた。

駅前のロータリーでベルバスを待つ。広告のチーズボールが気になったんだけど、そういえば売ってるところは見つけられなかったな。


f0153267_0241461.jpg
f0153267_0242379.jpg
f0153267_031024.jpg

ベルバスでB&B(Bed & Breakfast、ワトウ近く)へ。目の前は一面の花。

部屋は2階に上がってすぐの、ペリオール・ルーム(各部屋にビールの名前がついてます)。かわいい部屋。落ち着く。B&Bのかたが予定を聞いてくれて、「ウエストフレテレンへ行きたい(からベルバスを呼んでほしい…)」と言ったらクローズとのこと。曜日が駄目だったらしい。残念。

自転車を用意してくれてたので、鍵の開け方・かけ方を教わって、とりあえずは一旦歩いて醸造所正面へ。


f0153267_0361635.jpg
f0153267_0365810.jpg
f0153267_0363682.jpg

ショップは昼休み中だった。オフィスを外から見てみたら、2階から降りてくるエクスポートマネージャーのM氏を発見!H氏も自動車でやって来た。超偶然!以前にもベルギー、日本で会ったことがあり、向こうも覚えていてくれて、中に入れてもらえました。オフィスを見せてもらい、少し話して、しかもワトウの中心地まで送るまで送ってもらっちゃった。醸造施設は以前案内してもらったこともあったので寄らず。(醸造所の見学はWebで予約できるので、興味があるかたは直接予約・メール等してみると案内してもらえると思います!)



f0153267_0431466.jpg
f0153267_0432616.jpg

ワトウの中心地。Watou Tripel のラベルに描かれている教会と、その前の広場(駐車場になってます)、広場を囲んでいくつかのレストランや販売店があります。ここにホメルホフもあるのだけどホリデー中なので、今回は Het Ovenhuis へ。


f0153267_048172.jpg
f0153267_0482684.jpg
f0153267_0483452.jpg
f0153267_0484245.jpg
f0153267_0484926.jpg
f0153267_0485761.jpg
f0153267_049953.jpg

うさぎの煮込みアブトソースを頼む。それだけでそこそこの量だと分かっていたのに、メニューを見てたらマカロニグラタンが目に入り、つい頼んでしまう。おいしかった。おいしかったけど、量多い。食べ切れず。食事の前に出たのは海老の塩茹で。

ビールは、ホメルビア(樽)。ちょっと酸味が出ていて微妙。連れが頼んだ Ovenhuis beer(樽)はおいしかった!ベルナルデュスのペーター、ペリオールっぽい?それからベルナルデュスのトリペル(樽)も。少し乳酸菌飲料っぽいクリーミーで甘酸っぱい風味あり。おいしいんだけど、こういう味だったっけ?と思った。

帰りも迎えに来てもらって、車で醸造所まで。ありがたい。ショップが開いてたので寄る。自転車のウエアやらサロンやら買う。ポロシャツとかフリースとかは前に買ってるから、今回は控えめ・・・かな。買ったものを置きに、一旦B&Bの部屋へ。


f0153267_056172.jpg
f0153267_056113.jpg
f0153267_0561970.jpg
f0153267_0562773.jpg

B&B内で少しゆっくり。私たち以外の宿泊客がいなかったので、独占状態!


後編に続く!



Sint Bernardus
>>> Sint Bernardus - Watou -
>>> Het Brouwershuis (B&B)
>>> 【ratebeer】Sint Bernardus Brouwershuis , Watou

Het Ovenhuis
>>> Het Ovenhuis
>>> 【ratebeer】Het Ovenhuis , Watou

’t Hommelhof
>>> Hommelhof Watou
>>> 【ratebeer】’t Hommelhof , Watou

In de Vrede (ウエストフレテレンのビアカフェ)
>>> In de Vrede - Taalselectie
>>> 【ratebeer】In de Vrede , Westvleteren
  
[PR]
by ni_ko_mi | 2013-10-20 22:00 | ベルギーのビール
ベルギーの旅2013、5日目後編 (アントワープ)
五日目(水曜日)つづき。引き続きアントワープです。

f0153267_20323997.jpg


まだ16時ぐらいだったので、ノートルダム大聖堂へ。

f0153267_2033183.jpg

中は1年前と同じで、左右両側にまだ宗教絵画が展示されてた。改装中のアントワープ王立美術館からの展示。日本語のパンフレットもあって、助かる。

f0153267_20332718.jpg

それからルーベンス。フランダースの犬でネロが見たかった、あれ。やっぱりルーベンスすごい。キリスト昇架と降架は、昇架の方が動きがダイナミックで好きだ。


飲みに行くにはまだ時間が早いので、シュフェルド川沿いをぶらぶら。
f0153267_20411136.jpg


f0153267_20411966.jpg
f0153267_20413013.jpg

ステーン城。立派!でも内部展示は無いので意外に時間をつぶせず。少し、現代美術展時みたいのがあったんだけど、効果音で水の落ちる音が流れたりしてて不気味だった。

そして風が強くて寒い。


f0153267_2116049.jpg
f0153267_2116934.jpg

市庁舎前の広場に行ってみる。"巨人の手(ant)" を "投げた(werpen)" ということで、アントワープ(アントウェルペン)の由来になっている話を表した像(噴水)。手から水が出てる。


f0153267_21324964.jpg

そこから近くの通りに。赤い傘のところがビールショップ。いくつか試飲もできるようになっていて、品備えもなかなか良さそうなお店でした。何か買ったっけな。 店名は、BELGIAN BEERS & BREWS と書いてあるのだけど、ratebeer上だとたぶん「Belgium Beers」。


f0153267_2141469.jpg
f0153267_21391469.jpg

再びノートルダム大聖堂、そしてその前にあるネロとパトラッシュの記念碑(TOSHIBA提供)。

たしかここで、知人に遭遇した。日本にある某ビアカフェの店員の方。お互い旅行中で、ここでばったりと!ものすごい偶然。びっくりした。向こうはベルギーだけじゃなく他の国もまわっているというのに、しかもブリュッセルでもなくアントワープで。こんなこともあるのね。


そろそろ飲みに行くかーってことで、クイントン・マセイスへ。
f0153267_21452379.jpg
f0153267_21453454.jpg
f0153267_21454455.jpg
f0153267_21455587.jpg

去年も来てるんだけど、ドライカレーがおいしかったのでまた。一旦ベルギー食をリセットする感じ。スパイスで体が温まる。汗だくだく。デコーニンクはやっぱりおいしい。少し味が濃く感じたけど、自分が飲み過ぎなだけかも。

そういえばこの店の名前は画家の名前が由来なのだけど、去年この店に来た後、日本で行われたリヒテンシュタイン展にマセイスの絵があって、これかー!と。一度見たら忘れられない強烈な絵。


f0153267_21522898.jpg
f0153267_21523936.jpg

連れとケンカしつつ、フルン広場からノートルダム大聖堂を。ルーベンスの像なんだけど、頭の上に鳥(鳩?)が止まってて、ちょんまげみたいになってた!


f0153267_21552541.jpg
f0153267_21543326.jpg
f0153267_21544477.jpg
f0153267_21545410.jpg
f0153267_2155710.jpg
f0153267_21551631.jpg

目当てのクルミナトールへ。樽からバッファロー・スタウト。本当はボンブーを頼むつもりがミスった。けっこう甘めでアルコール感あり、少し酸味あり、一杯目にはちょっと重かった。いや、飲み過ぎなせいかも。レッドバッハは品切れ。バッカスのフランボワーズ(2009年)を飲む。おいしい。まだまだフレッシュだ。連れが飲んでるロシュフォール8の2007年はちょっと枯れ始めてた。でもまだ踏みとどまってる感じで、今はまだおいしい。

眠気と満腹感で苦しくなるが、少しぼーっとしてバッカスを飲んでいるうちに持ち直す。

リーフマンス・クリーク、1996年。酸味しっかり。甘味はほんのり。少しだけ紹興酒風味を感じるけど、まだまだおいしい。

超ビール好きっぽいベルギー親父4人組が大瓶をシェアして飲み続けていたのがなんだか面白かった。今回はけっこう混んでたな。お母さん(お店の方、敬意をこめてそう呼ばせていただきたい)が今回フレンドリーな感じで、嬉しかった。


f0153267_2262195.jpg

20:40ぐらいに店を出て、少し急ぎ足で駅へ。21:09発の電車に乗る。


f0153267_2271416.jpg
f0153267_2272315.jpg

1時間ぐらいかかる電車。早いのだと30分ぐらいなんだけど。


f0153267_2283098.jpg

ブリュッセル中央駅近く、ギャルリー・サン・チュベール入り口前の広場にはオメガング向けの衣装のお店が。これ買って着て混ざったりできるのかしら?でも外の通りまでかな?さすがにグラン・プラスまでは無理か。


f0153267_22145399.jpg

ブリュッセルの道の所々に色違いでペイントされてた広告。

ホテルに戻って、連れはすぐ寝た。私はなんとなく携帯でネットを見つつ、シャワーを浴びて、0時半ぐらいに寝る。明日は遠出。



Belgium Beers
>>> 【ratebeer】Belgium Beers , Antwerpen

Quinten Matsijs
>>> アントワープで一番古いカフェ・Cafe Quinten Matsijs
>>> 【ratebeer】Quinten Matsijs , Antwerpen

Kulminator
>>> 【ratebeer】Kulminator , Antwerpen
  
[PR]
by ni_ko_mi | 2013-10-06 22:19 | ベルギーのビール
ベルギーの旅2013、5日目前編 (ブリュッセル→アントワープ)
五日目(水曜日)。この日はアントワープへ。その前にブリュッセル。


朝ごはんをクロワッサンにしてみる。ここまではずっとホットサンド。クロワッサンもおいしいな。少し部屋でゆっくりしてから、9時半に出る。今日はついに雨。ここまでは降られずに済んでたんだけど。

f0153267_16411539.jpg
f0153267_16412337.jpg
f0153267_16443444.jpg

雨のグラン・プラス。ツーリスト・インフォメーションに寄りつつ、市立博物館(Le Musée de la Ville de Bruxelles)が開くのを待つ。皆待ってる。

中は、コンパクトで良い。昔のブリュッセルの模型があったり。小便小僧の衣装の展示があって、各国ごとの様々な衣装が面白かった。日本は鎧兜(Daimyo)とか、羽織袴とか、桃太郎とか!犬、猿、キジのぬいぐるみ付き!あと、立体パネルみたいなのがよかった。

駅でアントワープ行きの切符を買ってから王立美術館(Royal Museums of Fine Arts of Belgium)へ。

f0153267_1773659.jpg
f0153267_1774432.jpg

美術館への途中。空中ディナー、点検中なのか人無しで浮かんでる。それから、ここでもアイアンシェフ的なものをやってた。各地を巡ってロケしてる?


f0153267_17111434.jpg
f0153267_1711226.jpg
f0153267_17113248.jpg

美術館は、ルーベンスの部屋で待ち合わせにして、それぞれ一人でまわる。連れとは好みは同じじゃないので。

ここはいつも空いてて、なのに内容はけっこう充実してて、独り占め状態で見られるのが嬉しい。なので毎回来てしまうのです。近代部門が閉鎖してるのが残念なんだけど(リニューアル中)。ルーベンスの部屋のゆったりぶりは最高。今回は1階の企画展部屋でクールベやってた。


f0153267_1724070.jpg
f0153267_17241288.jpg

12:09の電車でアントワープへ。


f0153267_17251069.jpg
f0153267_17251935.jpg
f0153267_17253362.jpg

一駅手前の駅で降りて、デコーニンクへ。雨はとりあえず上がってる。


f0153267_1728405.jpg
f0153267_17285431.jpg

しばらく歩いて、デコーニンクが見えてきた(奥の赤い旗のところ)。醸造所の手前にあるカフェで昼ごはんにする。


f0153267_17304025.jpg
f0153267_17305357.jpg
f0153267_1731425.jpg
f0153267_17315640.jpg
f0153267_17312223.jpg
f0153267_17322297.jpg
f0153267_17323592.jpg
f0153267_17311279.jpg

写真のメニューはビールメニューで、上の三色のマークがビールの種類(ラベルの絵)、下がグラスの種類とサイズです。お好きな形でどうぞ!ってことか。私が頼んでみたストレートグラス(POLLEKENだったかな)は、味がすっきりし過ぎる。ごくごく飲むのにはいいんだけど。あまり味を感じられなくてもったいない。聖杯型で飲むと、やっぱりおいしかった。デコーニンクが近所にあればなぁー。寝かせるビールじゃないね。

ここは酵母の部分を飲めるという情報があったんだけど、聞いてみたら無いとのこと。詳しくは聞かなかったので、この時無かっただけなのかずっと無いのかは不明。

ごはんは、ベーコン・バーガーとクロック・トマト・モッツアレラ。バーガーはパテの厚みがすごい!にくーって感じでおいしかった。クロックの方はチーズたっぷりなんだけどバジルもたっぷりで、くどくなくておいしい。どっちもおいしかった。そしてお腹いっぱい。


f0153267_21395885.jpg
f0153267_17492611.jpg

醸造所からは麦を煮てる香り。(中には入りませんでした)

アントワープの中心地へ歩く。


f0153267_17544483.jpg

歩き始めてすぐのところで、自称ポリス&サクラのスリ三人組に捕まる。実は私これはベルギーで2回目でして。1回目はブリュッセル北駅から中央駅方面へ歩いてる時。中心の駅の一駅となりから歩くと遭遇しやすいのか?それにしてもあれから7年経ってるのに、まだいるのかーなんてしみじみしつつも、正直面倒臭い。またあの寸劇に付き合わされるのかと思うと…。

どんな寸劇かというと。サクラがまずターゲット(自分たち)に話しかけてきて一緒にいるところに自称ポリス二人組が登場。コカインの検査をしているとのことで、まず「パスポートを見せろ」と。次に財布を見せろ(その中に隠してたりするってことで)と。サクラの男は「分かった!」とさくさくパスポートと財布を渡す。で、慌ててこちらもパスポートと財布を…って、渡すわけない!そもそもパスポート持ち歩いてないし。財布も手渡すかっつーの(形式的に見せたけど)。そして財布の中にも大金は入ってないし、「Japanese Yen ?」とか言われましても、全部ブリュッセルのホテルですよ。サクラ役も、手ぶらなのにパスポートを持ち歩いてるのはおかしいって。あー馬鹿らしい。でも暴力ふるわれたら困るし…と思ってそれなりに対応しつつ、あからさまにイライラしてたら、「まぁまぁ落ち着いて」みたいなジェスチャーを取られて、さらにイライラした。「コラボレーション」とか何!!

たぶん本人たちも「これはバレてるな」と分かっていつつ、それでも最後まで警官のフリで去って行きました。やれやれ。


それから10分ぐらい歩いて中心地まで辿り着き、今まで機会はあったものの入ったことが無かったルーベンスの家へ。

f0153267_21163176.jpg
f0153267_21164214.jpg
f0153267_21165511.jpg
f0153267_2117636.jpg

ルーベンスの住居兼アトリエだったという、ルーベンスの家(Rubenshuis)。屋敷、って感じ。豪華な部屋。でも一部屋ずつはそんなに広くないかな。中庭、綺麗だった。観光客いっぱい。部屋・家具だけでなく絵もいくつかあって、なかなか見応えあり。あ、でもアトリエっぽくは無かったな。工房の様子が再現されてたら、なんて思ってたんだけど。工房はまた別なのかしら。


後編へ続きます。


Brouwerij De Koninck
>>> Duvelmoortgat De Koninck
>>> 【ratebeer】Brouwerij De Koninck , Antwerpen
 
Afspanning De Hand
>>> Welkom bij Eetcafé De Hand Afspanning De Hand
  
[PR]
by ni_ko_mi | 2013-09-29 22:00 | ベルギーのビール
ベルギーの旅2013、4日目後編 (ブリュッセル・オメガング)
四日目(火曜日)つづき。いよいよオメガング(Ommegang)です。

f0153267_22382281.jpg

19時のグラン・プラス。オメガングは21時からなので、まだ始まってない。そして練習中。

オメガングというのは、毎年7月初めにグラン・プラスで行われる時代祭。2013年は7/2,4でした。意味は”輪になって歩く”。14世紀にノートルダム・デュ・サブロン教会に祀られたマリア像の周りを行列したことに由来しているとのこと。現在の形は、神聖ローマ帝国皇帝カール5世と息子のフェリペ2世がブリュッセルを訪問した際に歓迎の意を込めて行われたものを再現しているとか・・・カール5世とフェリペ2世って!世界史(西洋史)上の超有名人じゃないっすか。

私のおぼろげな高校生時代の世界史の知識と、たまたま読んでた塩野七生「レパントの海戦」、河惣益巳「サラディナーサ」、中野京子「名画で読み解く ハプスブルク家12の物語」の知識を総動員して・・・ベルギーで遭遇するとは!人生、何が何に繋がっていくのか分からないもんだね。


f0153267_1723168.jpg

ゴディバでチョコがけ苺を買う。6.5E。苺がしっかり甘酸っぱくて、おいしい!!もちろんチョコも。


f0153267_1724054.jpg
f0153267_1724856.jpg

で、まだ始まってないんだけど、仮装している人がちらほらと・・・道を歩いてたりする。


グラン・プラスでやる前に、グラン・サブロン(別の広場)で何かやってるっぽい・・・ということに気がついて、行ってみると、こっちでお祭りやってた!

f0153267_173651.jpg
f0153267_1732117.jpg
f0153267_1733584.jpg
f0153267_1735272.jpg
f0153267_174527.jpg

前述の通り、オメガングにはカール5世。カール5世 → Charles Quint (仏語)、ということでビール!しかもオメガング用があった!貴重!プラカップで2E。

よく冷えてておいしい。周りを見ると仮装してる人がいっぱいいて、「あー、昔もこんな風に飲んでたのかなー」なんて思った。これは来てよかったなぁ。


f0153267_1741550.jpg
f0153267_1745636.jpg
f0153267_1752532.jpg

甲冑あり、山車もあり、子供用の遊びもあり、楽しい。

そういえば、テントの中に、貴婦人と一角獣のタペストリーがあった。もちろんレプリカで実物より小さいサイズ。きっとこっちではポピュラーなものなんだね。


f0153267_1761992.jpg
f0153267_1763249.jpg

グラン・プラス方面に戻り、リトル・デリリウムで一休み。テラス席は混んでるけど、中はガラガラ。冷房無いから暑いけど。ビールはカルメリート。飲みやすく、味もしっかりで、おいしかった。330mlだけどくいっと飲めた。


21時になったので、グラン・プラスへ。

f0153267_1771257.jpg

人いっぱい。後ろから、なんとなく見る。見えないけど。これはまいったなー。


f0153267_2230571.jpg

グラン・プラスを囲む建物の2階・3階からオメガングを見る人。うらやましい!!


なんて思ってたら、裏の通りの様子を見に行った連れが戻ってきて、裏でパレートしてるとのこと。そっちの方が見易そうだったので行ってみる。聖ニコラス教会、証券取引所のあたり。

f0153267_1781075.jpg
f0153267_1784015.jpg
f0153267_179344.jpg
f0153267_1793915.jpg
f0153267_1795162.jpg
f0153267_17103364.jpg
f0153267_17104337.jpg
f0153267_17134994.jpg
f0153267_17144340.jpg

次々と人が来て、楽しい!グラン・サブロンで見たのが来たーっていう嬉しさもあり。

高円寺の阿波踊りと、信玄公祭りと、ディズニーランドのパレードを思い出した。

で、いつの間にか、

f0153267_17152125.jpg
f0153267_17181129.jpg
f0153267_17163877.jpg

踊ってるー!!仮装してる人もしてない人も!ブリューゲルの「農民の踊り」みたいだ。


f0153267_1718389.jpg

最後は、さっき飲んだ Charles Quint のオメガング用ビールの樽馬車で終わり。(中身が入ってるかどうかは不明)

そしてこのパレードが、グラン・プラスへと練り歩いて行ってるので、またグラン・プラスへ戻ってみると。


f0153267_1719222.jpg
f0153267_17194683.jpg
f0153267_17195620.jpg
f0153267_1720727.jpg
f0153267_1720172.jpg

さっきよりは見やすくなって、暗くなって盛り上がってて、楽しい。途中から雨が降り出して、最後、本降りに。


f0153267_17203648.jpg

よく最後まで持ったな、雨。慌ててホテルへ戻った。23時。


f0153267_17205310.jpg

部屋飲みするも、とにかく眠い。ので寝た。24時。



Ommegang Charles Quint
>>> Haacht Brewery Our brands Beers Ommegang Charles Quint

Little Delirium
>>> Delirium Village
>>> 【ratebeer】Little Delirium Café , Brussels
[PR]
by ni_ko_mi | 2013-09-16 22:06 | ベルギーのビール
ベルギーの旅2013、4日目前編 (ブリュッセル)
四日目(火曜日)はオメガングの日ということで、1日中ブリュッセルです。昼間は市内をぶらぶらと。

f0153267_23212016.jpg
f0153267_23215078.jpg

仕事の夢を見る。まいった。うなされてるうちに、7時頃連れに起こされる。朝ごはんはまたホットサンド。9時頃ホテルを出て、グランプラスへ。さすがにもうオメガング仕様。まだ中には入れるけど、座席はできてる。

f0153267_2322780.jpg

市庁舎の中庭にオメガング用っぽい道具を発見したりしつつ。中庭から見るグランプラスがまた、なんとなく歴史を感じたりなんかして。


f0153267_23223235.jpg
f0153267_23224971.jpg
f0153267_23231432.jpg
f0153267_23232137.jpg

小便小僧を見に行く。今日は仮装してた!オメガング仕様。(たぶん)


f0153267_23233722.jpg
f0153267_23235534.jpg
f0153267_2324610.jpg

そのまま歩いてジュ・ド・バル広場ののみの市へ。ウェディングドレス売ってた!びっくり。ビールグッズは今回めぼしいもの無し。残念。


f0153267_23242732.jpg
f0153267_23244328.jpg
f0153267_23245432.jpg
f0153267_2325545.jpg
f0153267_23252121.jpg
f0153267_2325364.jpg
f0153267_23254684.jpg

さらに歩いて、カンティヨンへ。見学用の照明が増えた?それと学生(?)の団体見学ツアーがいた。醸造所を勝手に見てまわれるという雰囲気だったのが、見学用施設っぽくなってきたような。とはいえ樽の山はやっぱり何度見ても興奮。試飲は、ランビックとクリーク。おいしかったな。


f0153267_23293913.jpg
f0153267_2329518.jpg

南駅から地下鉄に乗って、PARK駅からビア・サーカスへ。昨日は休みだったので、お昼にリベンジ。去年来れなかったから、今年は来たくて。

f0153267_23301050.jpg
f0153267_23301921.jpg
f0153267_23304169.jpg
f0153267_23461112.jpg
f0153267_23462328.jpg
f0153267_23463399.jpg
f0153267_23464399.jpg

ビア・サーカス。樽メニューにシメイ・トリプルがあったので、頼んでみる。日本では見かけるけど、ベルギーでの遭遇はこれが初。味の違いはそんなに感じなかったけど、少し乳酸飲料ぽいクリーミーさがあった。昼ごはんは、魚介ワーテルゾーイと、ブリュ(肉団子)のトマトソース。どっちもおいしかった。ブリュは少しパサッとしてたけど、前にスピネコプケで食べた時もそうだったから、そういうものなのかも。

ここの名物といえばシメイを使ったミートソーススパゲッティことソフト麺なのだけど、今回は無難なメニューで。。。

写真の2杯目のビールは・・・たぶん 20 YEARS BIER CIRCUS (Brouwerij Den Hopperd (Westmeerbeck) ) だと思うんだけど、連れのだったかな。たぶん2杯は飲まなかったので。味は残念ながら覚えてない。

食べ終わった(飲み終わった)時点で13時半ぐらい。また地下鉄に乗って、SHUMAN駅で下車。


f0153267_2347910.jpg
f0153267_23472210.jpg

SHUMAN駅を出てすぐ目の前にあるのは、EU委員会本部。十字に(X字に)なっている不思議なビル。道路挟んで向かいがEU理事会らしいけど、そっちは撮り忘れた。そう、目的地はここではなくて・・・


f0153267_23475092.jpg
f0153267_2348177.jpg
f0153267_23481583.jpg
f0153267_23485534.jpg

まずはこの建物の左翼にある王立軍事歴史博物館、その後に右翼のオートワールド。


f0153267_23491467.jpg
f0153267_23492798.jpg
f0153267_23493877.jpg

王立軍事歴史博物館 (Royal Museum of the Army and of Military History)。各国の軍服、武器から、軍用機まで。一部改装中だったので不安になったけど、軍用機コレクションは見られてよかった。以前来た時は"飛行機"として見ていたのだけど、今回改めて見たら、ミサイルとかの装備を隠してないというかむしろよく見える状態になっていることに気がついた。なので、単純に"飛行機"としてかっこいいー!とだけ思ってはいられないなぁと。ただ、これだけ集められてると、それはそれで、かっこいいー!という気持ちも湧いてしまうものだけど。ちなみに入館は無料。


f0153267_235035.jpg

外に出たら、広場で料理の鉄人みたいなことやってた!写真手前の鉢植えはたぶんハーブ。これも使ってたと思う。


f0153267_23501421.jpg
f0153267_23503219.jpg
f0153267_23511710.jpg

オートワールド (Autoworld Brussels)。クラシックカーなどが展示されている博物館。これまた面白かった。軍事博物館の後だと、「車だけか・・・」なんて思ってしまったりもするけど。でも十分面白い!かっこいい車でいっぱい。日本車はTOYOTAとHONDAだけ見つけた。ショップはグッズショップというより本気なミニチュアだったりで何も買わず。

見終わったらもう16時。さすがに歩き疲れたので、料理の鉄人ぽい撮影の様子を眺めながら座って一休み。それからまた地下鉄に乗ってホテルの近くまで戻って、スーパー(DELHAIZE)へ。買い物して、ホテルに戻って、また一休み。


f0153267_2352728.jpg
f0153267_23521647.jpg

18時にホテルを出て、少し早いけど夕飯を食べにモール・シュビットへ。ここは軽食があるから好き!昼にしっかり食べてるので、軽めにということで・・・クロック・マダムと、トマトのオムレツ。ちょうどいい量。ビールはフランボワーズ。ほどよく甘酸っぱい。連れはグーズで、少しぬるいのが本格的っぽい!とか思ったり(本格的も何も本物・本場なんだけど)。

f0153267_23522596.jpg

どうでもいいことなんだけど、ケチャップがハインツから変わってた。(→2008年


後編(オメガング編)に続きます。



Cantillon Brewery
>>> Brasserie Cantillon Brouwerij - Official site
>>> 【ratebeer】Cantillon Brewery-Museum , Brussels

Le Bier Circus
>>> Dégustation de bière à Bruxelles - Bier Circus Bruxelles
>>> 【ratebeer】Le Bier Circus , Brussels 

Mort Subite
>>> Cafe Brasserie A La Mort Subite
>>> 【ratebeer】A La Mort Subite , Brussels



今更ですが、これを書いているのはアルバム替わりなのかもと思いました。写真と台紙をデジタルなツールに置き換えているだけで。そんなわけでプライベートな内容になってしまっていて恐縮ですが、自分以外の人にも楽しんでいただけたり役に立つことがあったりしたら幸いです。
[PR]
by ni_ko_mi | 2013-09-01 22:00 | ベルギーのビール
ベルギーの旅2013、3日目後編 (ブリュッセル)
三日目(月曜日)つづき。ブリュッセルに戻ります。

ディナン発15:13、ナミュール行きに乗って、ナミュールで乗り換え。

f0153267_2271373.jpg
f0153267_2272121.jpg

ナミュール駅にあった自販機。ふと目をやると、ジュースのボタンの一番下に・・・Jupiler(ビール)が!

「M.OR」は Minute Maid Orange ?


f0153267_22105847.jpg

さて、ナミュールからブリュッセルへ。今回はナミュールでは降りなかったけど、ナミュールもいいところ。またいつかぶらぶらと歩きたい。


ブリュッセルには17時頃着いて、Beer Temple に寄って、いろいろ買う。ホテルに戻って、コーラ飲んで、ハッピーターン食べて(日本から持って行った)、一休み。


18時過ぎにまた外へ。コンビニに寄って、大好きな飴(ナポレオン)を買う。


f0153267_22171941.jpg
f0153267_22173846.jpg

グランプラス。朝より準備が進んで、観覧席ができてきた。


f0153267_22185138.jpg

夕飯はビア・サーカスにしよう!ということで行ってみたら、なんと月曜日は休み。(写真の表の一番左、斜線のところが月曜日)

困った。もうすっかりビア・サーカスだと決めていたのでなかなか次が思いつかない。


f0153267_2232564.jpg
f0153267_2233649.jpg
f0153267_22331637.jpg

じゃぁ、まだムール貝食べてないし、シェ・レオンにするかーということで、中央駅東側から、中央駅西側のイロ・サクレ地区へ。坂を下る。


f0153267_2241548.jpg
f0153267_2241177.jpg
f0153267_22413535.jpg

シェ・レオンで、ムール貝のフリットと、ブイヤベース風を。どちらもそれぞれおいしかった!フリットは、ぱくぱく食べられちゃうし、ブイヤベース風は、ムール貝だけじゃなくてイカや海老も入ってるので飽きないし、野菜もたっぷりで嬉しい。ビールはラ・レオン。

確認してみたら1年前も、ドリフォンが休みでシェ・レオンに行ってた。しかも同じもの食べてた。困った時のシェ・レオン。魚介系なのがいいんだろうなぁ、たぶん。(→一年前

お店には日本人のじいちゃんグループがいて、盛り上がってて、最後男性店員とハグしたりしてて、その積極性がすごいなーと思う。うらやましい。


f0153267_0154384.jpg

お腹もいっぱいになったし、飲みに行くか~ということで、Delirium Village の前を通りつつ・・・


f0153267_017307.jpg
f0153267_0175129.jpg
f0153267_018424.jpg
f0153267_0181358.jpg

アラベカスへ。2種ブレンドを頼んでみる(樽ランビック+フランボワーズ小瓶)。微妙に失敗?それぞれの味が薄まって水っぽく感じる。1回ぐらいは飲むのもアリか、という感じ。連れは Lambic Doux (Sweet Lambic) 。安定のおいしさ!それとブルゴーニュドフランドルの樽があることを発見し(今まで何度か来てるのに気がつかなかった)、飲んでみる。少しえぐみというか渋味あり。でもアリだな。


もう21時だけど、まだまだ明るい。で、ムーデル・ランビックへ。

f0153267_0253317.jpg
f0153267_0254297.jpg
f0153267_0253320.jpg

ゲストビールに、カンティヨンのサンジロワーズとデランケのXXXビターを発見。連れと飲む。サンジロ、しっかりおいしい。少し糠漬けっぽい乳酸発酵香あり。XXXは「にが!!」と思ったけど、元々XXがそれぐらいにがかった気がするし、最近はIPAも多いから、意外と飲みやすく感じる。その後、連れがティルカンのランビック・ブレンドを。これまたいい味。当たりの時のキュベデランケみたいな。

お店のTシャツを買って、ホテルへ戻る。


f0153267_0255465.jpg

ホテルに戻って、ローデンバッハの Caractere Rouge を飲んでみる。酸味中心。おいしいんだけど、うーん、Limited Edition ていうほどでもないかな、な感じ。寝かせたらまた変わるかも?


風呂に入って、寝る。1時頃。



Chez Leon
>>> Chez Léon
>>> 【ratebeer】Chez Léon , Brussels

A La Becasse
>>> A La Becasse Café Restaurant
>>> 【ratebeer】La Becasse , Brussels

Chez Moeder Lambic Fontainas
>>> Chez Moeder Lambic - Beer is the answer
>>> 【ratebeer】Chez Moeder Lambic Fontainas , Brussels
[PR]
by ni_ko_mi | 2013-08-25 22:00 | ベルギーのビール
ベルギーの旅2013、3日目前編 (ブリュッセル→ディナン)
三日目(月曜日)はディナンです。ディナンは今回初。城塞好きなので行きたかったのです。でもまずはブリュッセルから。


朝7時ぐらいに起きる。朝ごはんは昨日より人が多い。またホットサンドを作る。ジュース、コーヒーをたっぷりと。9時前にホテルを出る。9:07発の電車には間に合わなさそうだったので、ぶらぶらと。

f0153267_23162226.jpg

グランプラスはすっかりオメガングの準備中。


f0153267_0414693.jpg

セルクラースの像は、去年(写真左側)はまだレプリカっぽいものがあったのだけど・・・今年(写真右側)はそれすら無くなってた!この像に触れる人に幸福をもたらすと言い伝えられてる像なんだけど。



f0153267_23225523.jpg
f0153267_2323837.jpg

駅でけっこう並んで切符を買ってから、空中レストランを下ろしてあるところに見に行く。クレーンで吊り上げるだけなんだなぁとか、ジェットコースターみたいにがっちりシートベルトで留めるんだなぁとか、観察。

それにしても寒い。


f0153267_23504335.jpg

電車はどれも遅れてて、ディナン行きも「10:07 +0:08」の表示。表示通り8分遅れでちゃんと来るのか、少し不安になったけど、あまり遅れずに来てくれた。席は、次の駅で学生の団体にかこまれて、ちょっと窮屈。ナミュールで電車が分かれるようなので、一旦降りて、前の車両に移動。そしたら、女の子に「これディナン行く?」って聞かれて(英語で)、たぶんディナンに行くけどもしかしたら間違ってるかもしれないしなーという気持ちもあり、口から出たのは「メ、メイビー(たぶん)」。笑顔で「OK!」って言ってくれたよ。よかった。電車もちゃんとディナンに着いたし!

窓からの景色が、自然いっぱいで良い。

ディナン着(12時頃)。晴れてて、暑い。

f0153267_2353486.jpg
f0153267_2354026.jpg
f0153267_23561353.jpg
f0153267_23562614.jpg
f0153267_23563989.jpg

橋を渡り、ノートルダム教会を見て、シタデル(城塞)へ。橋の上のサックスは各国ごとのデザインのようだけど、日本は国旗はあってもサックスは無かった(帰りに探しました)。

シタデルはロープウエイで登る。あっという間なので達成感が弱いのが残念。階段で登ってみればよかったかも。

シタデルの中は見学できるようになっているのでぐるぐると、ぶらぶらと。適当に見てるうちに、途中でガイドツアーと一緒になってしまった。戦争関連の説明(展示)が少し生々しかったな。最後、防空壕みたいなところを通って、妙に斜めになってるスペースへ。びっくりハウスというか、こういうの江戸村にあったなーなんて思ってたら、ガイドツアー参加中の子供たち&女性陣は大盛り上がり。え、そんなに面白い?(地球の歩き方によると、爆撃で傾いた第一次世界大戦の塹壕の再現とのことです)


f0153267_0391.jpg
f0153267_031936.jpg

階段を下りてみる。超怖かった!!!(ロープウエイでも下りられます)



f0153267_045585.jpg
f0153267_0591.jpg

f0153267_054747.jpg
f0153267_05593.jpg
f0153267_061093.jpg
f0153267_062795.jpg
f0153267_063911.jpg
f0153267_065816.jpg

カフェ・レフで昼ごはんにする。ディナン発祥のビールと言えばレフ。(今はインベヴ傘下)

素敵なマダム(店員)が注文を聞きに来てくれた。まずレフ・ブリューンとレフ・ルビー。それぞれおいしかった。ルビーはちょっと香料ぽくもあったけど。食事はラムステーキのア・ラ・レフ・ソースと、山盛りフリッツを二人で分ける。超うまい。ケッパーと粒胡椒たっぷりのソースが無茶苦茶おいしい!

それから、レフ・ルビーをもう1杯とロイヤルを。ロイヤル、おいしかった!!日本で小瓶を飲んだ時より飲みやすい。

写真だと店内ガラガラだけど、テラス席はいっぱいでした。特に川側。川を眺めながらレフ飲むなんて、いいよね。



f0153267_0133174.jpg
f0153267_0135939.jpg
f0153267_0211939.jpg

楽器のサックスを考案したアドルフ・サックスの生家を見て、ディナン銘菓クックドディナンのお店を探すも、ガイドブックに載っていた2軒はやっておらず。とりあえずやっていた店で買う。名産品らしい銅製品もあってちょっと気になったんだけど、そっちは買いそびれた。教会にまた寄ってみたら、パイプオルガンを演奏中だった♪

ディナンにはレフ関連のビールの博物館もあるみたいなんだけど、月曜日は休館日なので行きませんでした。


15:13、ナミュール行きに乗る。(つづく)


Caffe Leffe
>>> Restaurant Cafe Leffe - Dinant
>>> CAFE LEFFE - Brasserie Restaurant - DINANT 5500

Maison Leffe (博物館)
>>> Maison Leffe |Leffe

Abbaye Notre-Dame de Leffe (醸造していた修道院)
>>> Abbaye Notre-Dame de Leffe


★8/18に一旦写真だけ投稿し、8/20に更新しました m(__)m
 
[PR]
by ni_ko_mi | 2013-08-18 22:00 | ベルギーのビール