タグ:トラピスト ( 19 ) タグの人気記事
ベルギービール・ウイークエンド(六本木ヒルズ)
旅行記の投稿だけしてたら日々のログがたまってしまいましたので、これから最近のビールから順に遡って過去のログを投稿していきます。順番はめちゃくちゃになると思うので、何月のログなのかを記入しておくことにします。

さて、まずは直近(9月)のベルギービール・ウイークエンド。初日、平日(水曜日)なのにすごい人だー!と思ったけど、金曜日はもっとすごかったらしい。

f0153267_8201598.jpg
f0153267_8201551.jpg
f0153267_8201578.jpg
f0153267_8201597.jpg
f0153267_8201579.jpg
f0153267_8201594.jpg
f0153267_8201514.jpg
f0153267_8201518.jpg

まずはセントベルナルデュス・トーキョー(樽)を飲んで、それから食べ物。行列ができてない常設のクレープ屋で海老アボカドサラダのクレープを買う。できあがりを待ってる間にビア仲間な知人に遭遇!二杯目のグーデン・カロルス・クラシック(樽)を手にしてから知人のテーブルに合流。出てるビールについてあれやこれや話したり、ブラッセルズのビアラリーについて話したり。楽しかった!

ビールはこの他、シメイ・レッド(樽)とシメイ・ブルー(大瓶)を。どっちもコイン二枚ってお得でしょう!ありがとう三井食品さん。しかもブルーは特別なプリントラベル、2010の記念ボトル(中身はたぶん通常と同じ)。

それとグーズ・ジャコバンを連れからもらい。最後一枚余ったコインでポム・デュセス(マッシュポテトを揚げたもの)を買って食べ、終了。ビアラリーに行くという知人たちを見送って、ベルオーブ六本木へ。ゆったりご飯食べてまたビール飲んで、終わり。


f0153267_820155.jpg

  
[PR]
by ni_ko_mi | 2012-09-11 08:20 | ベルギーのビール
ベルギーに行ってきます
f0153267_10452648.jpg

今からイギリス(ロンドンのみ)とベルギーに行ってきます。

写真は数日前に飲んだ(日本で)、シメイレッドの樽。ベルギーで飲めるかしら?(出してる店を見つけられるかしら?)
[PR]
by ni_ko_mi | 2012-07-07 10:45 | ベルギーのビール
シメイ・カップでシメイ・レッド
f0153267_2035730.jpg

f0153267_2035767.jpg

f0153267_2035713.jpg

f0153267_2035748.jpg

f0153267_2035760.jpg

ここから4月。毎年恒例のシメイ・カップ、忙しくて一店舗だけ。ファボリでシメイ・レッドです。シメイは改めて飲むとおいしいと思うビール。なのでこうやって思い出す機会があるのはいいと思います。

レッドは重すぎず軽くはなくで良い。しっかり飲みたい時はブルーだけど。

食べ物はどれもおいしかった。シメイ・チーズの盛り合わせを食べて、臭いチーズが好きだなあと再確認。
  
[PR]
by ni_ko_mi | 2012-06-15 20:35 | ベルギーのビール
9月ダイジェスト(ビール等)
9月分、残りはダイジェストでお送りいたします。飲んだ順に。

f0153267_2019712.jpg
◇Kasteel Rouge (8.0%、Brouwerij Van Honsebrouck)
左が樽で右が小瓶。並べて飲み比べ。キャスティールは樽が軽くて瓶がまったり重め、という印象が強かったんですが、この時は意外に樽がしっかり重めな味でした。甘くて重くて、でもすいすい飲めて、好きなビールです。DCRにて。

・・・>つづき
[PR]
by ni_ko_mi | 2010-09-30 23:57 | ベルギーのビール
シメイカップ
f0153267_2330504.jpg

f0153267_23305076.jpg

f0153267_23305034.jpg

f0153267_23305163.jpg

f0153267_23305164.jpg

シメイブルーの2002、2009。

2002は発酵が進んでしょうこう酒っぽい香りと風味あり。飲んでいくと慣れるのか甘味が出るのか香りが気にならなくなってきておいしい。

2009は若い感じでさっぱりしてる。暑かったせいか飲みやすい印象。
[PR]
by ni_ko_mi | 2010-04-30 23:30 | ベルギーのビール
阿佐ヶ谷海晴亭で我を忘れる
海晴亭(海雄亭)でいろいろ飲み食いしたくなって、女性四人で行ってきました。

f0153267_23491832.jpg
ヒューガルデン・ホワイト Hoegaarden White 4.9%
まずは皆でヒューガルデン。うまいねー。フルーティ。独特のちょっとぬるっとした感じもあり。行った日が(店の中が)暑かったせいもあるのか、おいしくて飲みやすくて、つい2杯。炭酸が弱いから飲めちゃう。海晴亭名物のたこ焼きとの相性もいいんです。春野菜のメニューにもぴったりでした。白ビールを爽やかでおいしいって思えるようになるとやっと春になってきたなーと思いますね!

f0153267_23492687.jpg
エヒテ・クリーク Echte Kriek 6.8%
甘酸っぱいビールを挟んで。皆がミスティックだったので、もうちょいビールの酸味が目立つものを選んでみました。レッドビールの甘酸っぱさがベース。今回はわりと酸味が目立ったかな。

f0153267_23511351.jpg
シメイ・グランリザーブ Chimay -Grande Reserve 9.0%
青の大瓶。ちょい重めの、甘めの、ベルジャン!ってビールを飲ませたくなって、大瓶で分けてみました。へへ。2009年の若いシメイ。開ける時もポンッていい音しました。重いけど重すぎず、甘味豊かで、良い。炭酸が元気な感じでドライというか後味すっきりという印象も。もっととろっとしてからも好きだけどこれぐらいの状態もいいと思います。


最後にデザート代わりにリンデマンスのフランボワーズを飲みました。リンデマンスの濃い甘酸っぱさは好きです。炭酸もわりとしっかりですね。ジュース的なんだけど、ジュースより厚みのある味。

・・・>More(海晴亭といえばご飯!そしてオイル!)
[PR]
by ni_ko_mi | 2010-04-24 16:35 | ベルギーのビール
トラピストビール・修道院巡りの旅
とりあえず、写真だけ。後で感想書きます。
→ 感想書きました。巡礼についてはこちら(eurobeer.net)を参照ください。


★巡礼1日目
まずはベルゴからスタート。

f0153267_13181072.jpg
St.Benedictus / シントベネディクトゥス修道院
Achel Brune Extra(9.5%)
見たことない大瓶があったので飲んでみました。一杯目から度数高いですが。アヘルは不思議な酸味があって、これも一瞬「あれ?」と思ったんですが、飲んでいくうちに気にならなくなり、風味豊かな Brune らしい味に。酸味のきいたドレッシングのサラダを食べてたのも影響してるかも?でもおいしかった。


f0153267_1319473.jpg
Westmalle / ウェストマール修道院
Westmalle Dubble(6.5%)樽生
これは安定の味。しっとりして意外にさっぱり。好きですなー。寝かせてもいいと思うんですけどね、樽も軽すぎず、いいです。

この2種類をベルゴで飲んで「今日の巡礼は終わり!」と思い、〆にカスティールルージュを飲んでたんですが、同じく巡礼でファボリからはしごしてきた人が「ロシュフォールのクリスマスバージョンが5本だけあるよ」と教えてくれて・・・ファボリへ向かっちゃいました。


f0153267_1319513.jpg
f0153267_1320380.jpg
St.Remy / サンレミ修道院
Rochefort 8 のクリスマス版(9.2%?)
写真、暗くてすいません。上の写真の右2本はマグナムボトルで右から2008年、2007年。ラベルのデザインがちょっと変化してます。これ飲みたかったんですが残念ながら見せてもらったのみ。開けるのはいつなのかしら…。でもってその隣りの750mlサイズの大瓶は2006年、小瓶はヴィンテージの記載が無く分かりませんが、味的にはまだ若い印象。クリスマス版大瓶は時間が経ってるだけあって風味豊か、熟成されていておいしい。ただレシピの違いまでは自分の舌では分からず。小瓶でもものすごくおいしいのを飲んだことがあって、それを思い出すと同じ味のような気も。

これで非常に酔って、よれよれになりながら帰りました。


★巡礼2日目
日を少し開けて巡礼再開。

f0153267_13203460.jpg
Koningshoeven / コニングスホーヴェン修道院
La Trappe White(5.5%)
唯一オランダの La Trappe、トラピストには珍しい白。小麦的な味ではあるのだけど、ベルギーよりはドイツのヴァイツェンぽい?でもバナナ香は無いか。白には珍しく苦味がけっこうありますね。自分は少し苦手な味でした。去年飲んだ Quadrupel の方が好み。


f0153267_13213151.jpg
Scourmont / スクールモン修道院
CHIMAY Red(7.0%)
スクールモン修道院のチーズと一緒に(シメイ・ポットプレ)。これ、わりと好きな味のビールなんですが、なぜかこの日は駄目でした。あまり風味を感じられずドライな印象。次の店に行かなきゃ!と急いで飲んでたせいかも?チーズはほどよい臭味と塩気でおいしい。ドライフルーツと相性よし。


★巡礼3日目
いよいよ終着地、フリゴ・エストへ。

f0153267_13223084.jpg
Orval / オルヴァル修道院
Orval(6.2%)
なんだろう、何か合わない。おいしいと思うのは確かなのだけど。苦味…それ自体はいいんだけどな。炭酸かな。あくまでも個人的な好みの問題として、ちょっと違う。


f0153267_1323170.jpg
St.Sixtus / シントシクストゥス修道院
Westvleteren 12(10.2%)
6修道院制覇の特典は、最後の修道院 St.Sixtus の Westvleteren の8と12の購入権。入手が難しいこのビール、彼が8を飲んだので私は12で飲み比べ。うーん。おいしくなる要素が揃っている味で、まだちょっと若い印象。酵母感がちょっと強くて、炭酸もまだまだ強くて、ドライな印象でした。ちょっと酸味も。もう少し寝かされた状態の方がおいしいはず。


★巡礼4日目
フリゴ・エストへもう一度。

f0153267_13234920.jpg
St.Sixtus / シントシクストゥス修道院
Westvleteren 8(8.0%)
12で酔ってしまったので日を分けて8を。これもやっぱり若い印象。あとなぜか苦味が。12を飲んだ時には無かったんですが。ロットが違うのかしら?あと、12よりはやっぱり軽いですね。少し時間を置くと甘味が出てきて Westvleteren ぽくなってきましたが、もっと熟成されたのを飲みたいーって贅沢?


去年の修道院巡り
   
[PR]
by ni_ko_mi | 2009-08-29 13:24 | ベルギーのビール
シメイ青、飲み比べ
f0153267_23593728.jpg

家飲みで、シメイ青の飲み比べをやりました。2003と2008。どちらも味がまとまっていてそれぞれにおいしかった。2003はやはり熟成された感があり、まろやかで、2008よりも色々な風味がする印象。2008はまだ味が若い印象があるものの、その若さも嫌いじゃないです、私。

写真、青巻紙のビールは皆様ご存知リーフマンス・グーデンバンド。やっぱりおいしかった♪
  
[PR]
by ni_ko_mi | 2009-08-07 23:11 | ベルギーのビール
トラピストビール・7修道院めぐりの旅
トラピストビール。醸造所を持つトラピスト会の修道院で造られるビールです。ベルギーで6ヶ所、オランダに1ヶ所のみのこのビール。スタイルは様々なのですが、度数が強いものが多いこともあって普段なかなか飲み比べようという気になれませんでした。そこにこのイベント。ベルゴ・フリゴ・ファボリ・フリゴエストで6種類飲んでみた後、入手困難と言われるウエストフレテレンも飲める!と言われては、参加せずにはいられません。

f0153267_2040117.jpg

一つの醸造所(修道院)について、1種類ビールを飲むと1つスタンプが押されます。両脇ではなく地図上に押された緑色のスタンプがウエストフレテレン!

・・・> 続きはこちらから(ちょっと長いです)
[PR]
by ni_ko_mi | 2008-08-17 23:29 | ベルギーのビール
ウエストマール・ダブル (樽生)
ピルスナー・ウルケルを飲み、ブーン・クリークを飲んでフリゴを出たのですが、まだ少し時間が早く、しかもまだ飲めそうな体調だったので・・・ウエストマールの樽が出ている阿佐ヶ谷海晴亭へ!一人で行ってしまいました。こっそり隠れて行ったわけじゃなくて、中央線方面が私一人だったんです。

f0153267_21502661.jpg

f0153267_21504289.jpg

Westmalle Dubbel (6.5%)。泡は甘くて、うーんダブルっぽい!と思ったのだけど、飲み口はスッキリ。樽だから?これなら夏でもいいですね。ダブルは冬がいいなぁなんて思ってたけど(生意気言ってすいません)。で、スッキリしてるけど味気ないわけじゃなくて、香ばしくてほろ苦くてしみじみおいしい。特別スパイシーだとかフルーティだとかってわけじゃないんだけど・・・麦のうまみなんですかね。うまく表現できないんですが、すごくおいしかったです。

なので、この期に及んで2杯飲んでしまいました。この日は飲みすぎ!でも、やっぱり、おいしかったら2杯ぐらい飲まないとね。ウェストマールは今まで飲んでいなかったけど、樽を飲んでみて瓶にも興味が湧きました。

さて、この日は以前年末にこの店でお会いした方に偶然また会えまして。今回は短い時間でしたがまたいろいろとビール話ができて楽しかったです。


写真2つ目、グラスの足元の赤い物は樽の栓。栓というか、栓をとめているもの?普通は開ける過程でバキバキっと割れて外すことになるそうなんですが、今回、店長ががんばって綺麗に外したとのこと。どこも割れてない綺麗な状態でした!すごい!「樽生を飲んだ」証拠に一緒に撮らせてもらいました。


ウエストマールについてこんな記事をみつけました。
「ウェストマール・ビールの増産中止」(ベルギーニュース by ポートフォリオ)
"生産"中止ではなく"増産"中止なのでご安心を(とはいえ手に入りづらくなるのかな?)。理由がなかなか良いです。


#2008.8.27投稿
   
[PR]
by ni_ko_mi | 2008-07-31 23:31 | ベルギーのビール