タグ:フルーツ ( 70 ) タグの人気記事
生グソ味
f0153267_08060457.jpg

生グソ味です。生グソ味。何事かと思いましたが、毎年恒例サンクトガーレンの四月一日発売ジョークビールの2017版。以前は「うん、この味」という黒ビールがありまして、またそっち方面かと思いきや。生グソ、生グレープフルーツ・ソフトクリームの略で、実は秋田県のお店で実際に売られている(食べられる)ものなのだそう!

そんなわけで生グソ味のビール。飲んでみますと、爽やかなグレープフルーツの香り・風味と、ソフトクリーム味のための乳糖がほんのり甘くてクリーミーでヨーグルトみたいな爽やかさもあり、全体的にとても爽やかでおいしいビールでした。これ、樽生もおいしいだろうな。


[PR]
by ni_ko_mi | 2017-04-05 08:05 | 日本のビール
ハンセンスのフルーツ三昧
ハンセンスのフルーツもの。ブラッセルズで偶然一緒になったビア友と祭ってきました。

f0153267_08254618.jpg

f0153267_08254675.jpg

写真左から、ラズベリー、カシス、苺(Hanssens Lambic Experimental Raspberry , Experimental Cassis , Oudbeitje)。どれも分かりやすい甘味は無し。ランビックの酸味と果物の風味。香りからすごくて、注いだ瞬間にぶわっと香ります。

味は、カシスがとにかくおいしい(好み)。酸味はちゃんとあるんだけど、あまり目立たずに、まろやかで、渋味があって、赤ワインを思い出す味。麦より果実が勝る感じといいますか…。ラズベリーと苺は麦・ランビック分が勝っていて、口の中がキュッとなって喉が少しイガっとする酸味が。それでもラズベリーはわりと逃げ足が速いというか、酸味が後に引かないんだけど、苺の方はしっかり酸味が刺してくる。そして両方とも、果物の風味の出方はフルーツフレイバーの紅茶に似ている気がします。イメージする味の少し遠くにいる感じ。紅茶の場合は砂糖を足すとぐいっと近くなるんだけど、これはどうでしょうね。もったいなくて足せないけど。そしてそれぞれ時間の経過とともに味がまろやかになっていきました。


f0153267_22364847.jpg

最後にスカルベーククリーク(Hanssens Oude Schaerbeekse Kriek)。さくらんぼ。これがまたびっくりなおいしさで!上の三種もおいしいしすごいと思うのに、さらに上。倍率ドン、さらに倍!的な。ちょっとね、笑っちゃうおいしさですよ。果実味溢れて溢れて果実酒なんじゃないかって感じだけどランビックとしての酸味・複雑味もあるように思うし、赤ワインのようだし梅酒のようだし、でもビールだし。ちゃんと炭酸を感じるし。とにかくおいしかった。ちょっとお高いんですが。


f0153267_22440791.jpg

たいへん楽しゅうございました。


[PR]
by ni_ko_mi | 2017-03-02 22:43 | ベルギーのビール
ベルギーの旅2013、4日目前編 (ブリュッセル)
四日目(火曜日)はオメガングの日ということで、1日中ブリュッセルです。昼間は市内をぶらぶらと。

f0153267_23212016.jpg
f0153267_23215078.jpg

仕事の夢を見る。まいった。うなされてるうちに、7時頃連れに起こされる。朝ごはんはまたホットサンド。9時頃ホテルを出て、グランプラスへ。さすがにもうオメガング仕様。まだ中には入れるけど、座席はできてる。

f0153267_2322780.jpg

市庁舎の中庭にオメガング用っぽい道具を発見したりしつつ。中庭から見るグランプラスがまた、なんとなく歴史を感じたりなんかして。


f0153267_23223235.jpg
f0153267_23224971.jpg
f0153267_23231432.jpg
f0153267_23232137.jpg

小便小僧を見に行く。今日は仮装してた!オメガング仕様。(たぶん)


f0153267_23233722.jpg
f0153267_23235534.jpg
f0153267_2324610.jpg

そのまま歩いてジュ・ド・バル広場ののみの市へ。ウェディングドレス売ってた!びっくり。ビールグッズは今回めぼしいもの無し。残念。


f0153267_23242732.jpg
f0153267_23244328.jpg
f0153267_23245432.jpg
f0153267_2325545.jpg
f0153267_23252121.jpg
f0153267_2325364.jpg
f0153267_23254684.jpg

さらに歩いて、カンティヨンへ。見学用の照明が増えた?それと学生(?)の団体見学ツアーがいた。醸造所を勝手に見てまわれるという雰囲気だったのが、見学用施設っぽくなってきたような。とはいえ樽の山はやっぱり何度見ても興奮。試飲は、ランビックとクリーク。おいしかったな。


f0153267_23293913.jpg
f0153267_2329518.jpg

南駅から地下鉄に乗って、PARK駅からビア・サーカスへ。昨日は休みだったので、お昼にリベンジ。去年来れなかったから、今年は来たくて。

f0153267_23301050.jpg
f0153267_23301921.jpg
f0153267_23304169.jpg
f0153267_23461112.jpg
f0153267_23462328.jpg
f0153267_23463399.jpg
f0153267_23464399.jpg

ビア・サーカス。樽メニューにシメイ・トリプルがあったので、頼んでみる。日本では見かけるけど、ベルギーでの遭遇はこれが初。味の違いはそんなに感じなかったけど、少し乳酸飲料ぽいクリーミーさがあった。昼ごはんは、魚介ワーテルゾーイと、ブリュ(肉団子)のトマトソース。どっちもおいしかった。ブリュは少しパサッとしてたけど、前にスピネコプケで食べた時もそうだったから、そういうものなのかも。

ここの名物といえばシメイを使ったミートソーススパゲッティことソフト麺なのだけど、今回は無難なメニューで。。。

写真の2杯目のビールは・・・たぶん 20 YEARS BIER CIRCUS (Brouwerij Den Hopperd (Westmeerbeck) ) だと思うんだけど、連れのだったかな。たぶん2杯は飲まなかったので。味は残念ながら覚えてない。

食べ終わった(飲み終わった)時点で13時半ぐらい。また地下鉄に乗って、SHUMAN駅で下車。


f0153267_2347910.jpg
f0153267_23472210.jpg

SHUMAN駅を出てすぐ目の前にあるのは、EU委員会本部。十字に(X字に)なっている不思議なビル。道路挟んで向かいがEU理事会らしいけど、そっちは撮り忘れた。そう、目的地はここではなくて・・・


f0153267_23475092.jpg
f0153267_2348177.jpg
f0153267_23481583.jpg
f0153267_23485534.jpg

まずはこの建物の左翼にある王立軍事歴史博物館、その後に右翼のオートワールド。


f0153267_23491467.jpg
f0153267_23492798.jpg
f0153267_23493877.jpg

王立軍事歴史博物館 (Royal Museum of the Army and of Military History)。各国の軍服、武器から、軍用機まで。一部改装中だったので不安になったけど、軍用機コレクションは見られてよかった。以前来た時は"飛行機"として見ていたのだけど、今回改めて見たら、ミサイルとかの装備を隠してないというかむしろよく見える状態になっていることに気がついた。なので、単純に"飛行機"としてかっこいいー!とだけ思ってはいられないなぁと。ただ、これだけ集められてると、それはそれで、かっこいいー!という気持ちも湧いてしまうものだけど。ちなみに入館は無料。


f0153267_235035.jpg

外に出たら、広場で料理の鉄人みたいなことやってた!写真手前の鉢植えはたぶんハーブ。これも使ってたと思う。


f0153267_23501421.jpg
f0153267_23503219.jpg
f0153267_23511710.jpg

オートワールド (Autoworld Brussels)。クラシックカーなどが展示されている博物館。これまた面白かった。軍事博物館の後だと、「車だけか・・・」なんて思ってしまったりもするけど。でも十分面白い!かっこいい車でいっぱい。日本車はTOYOTAとHONDAだけ見つけた。ショップはグッズショップというより本気なミニチュアだったりで何も買わず。

見終わったらもう16時。さすがに歩き疲れたので、料理の鉄人ぽい撮影の様子を眺めながら座って一休み。それからまた地下鉄に乗ってホテルの近くまで戻って、スーパー(DELHAIZE)へ。買い物して、ホテルに戻って、また一休み。


f0153267_2352728.jpg
f0153267_23521647.jpg

18時にホテルを出て、少し早いけど夕飯を食べにモール・シュビットへ。ここは軽食があるから好き!昼にしっかり食べてるので、軽めにということで・・・クロック・マダムと、トマトのオムレツ。ちょうどいい量。ビールはフランボワーズ。ほどよく甘酸っぱい。連れはグーズで、少しぬるいのが本格的っぽい!とか思ったり(本格的も何も本物・本場なんだけど)。

f0153267_23522596.jpg

どうでもいいことなんだけど、ケチャップがハインツから変わってた。(→2008年


後編(オメガング編)に続きます。



Cantillon Brewery
>>> Brasserie Cantillon Brouwerij - Official site
>>> 【ratebeer】Cantillon Brewery-Museum , Brussels

Le Bier Circus
>>> Dégustation de bière à Bruxelles - Bier Circus Bruxelles
>>> 【ratebeer】Le Bier Circus , Brussels 

Mort Subite
>>> Cafe Brasserie A La Mort Subite
>>> 【ratebeer】A La Mort Subite , Brussels



今更ですが、これを書いているのはアルバム替わりなのかもと思いました。写真と台紙をデジタルなツールに置き換えているだけで。そんなわけでプライベートな内容になってしまっていて恐縮ですが、自分以外の人にも楽しんでいただけたり役に立つことがあったりしたら幸いです。
[PR]
by ni_ko_mi | 2013-09-01 22:00 | ベルギーのビール
道灌 と カンティヨンのフランボワーズのやつ
リトル・デリリウムに行った後、16's Stairing Steps Case で。

f0153267_042317.jpg

道灌。んー、おいしかった!甘酸っぱい感じ。フルーティでもあり。だけどしっかり日本酒。


f0153267_042319.jpg

酸っぱいビール好きなので、カンティヨンのフランボワーズのやつこと ”ロゼ・ド・ガンブリヌス”。この時のフランボを思い出してちょっと嬉しくなりつつ。

7月に行くことになったロンドン(とベルギー)の話を、マスターに聞きながら。
  
[PR]
by ni_ko_mi | 2012-06-13 00:04 | 日本酒・焼酎・ワイン 他
年明けアブト
正月気分も少し抜けて、年が明けてからの通常モード初飲みはベルオーブ六本木でした。

f0153267_0114697.jpg

一杯目はセント・ベルナルデュス・アブト樽。ちょっと悩んだんですが、度数高いし、でもまあ好きだしゆっくりちびちび飲めばいいかなと。樽は軽い時もありますが今回のはしっかりボリュームある味でした。


f0153267_0114693.jpg

長葱のグリルと温玉。バルサミコ酢のきいたソースが好きなんです。甘くなった長葱に卵でコクをプラスして、おいしい。

f0153267_0114623.jpg

もう一皿。鮮魚ときのこのガーリックバター、ホイル焼き。これもおいしかったな。


f0153267_0114687.jpg

もう一杯、リンデマンス・フランボワーズ。甘酸っぱいだけじゃなくほんのり渋味があったり旨味を感じたり。おいしかった。
  
[PR]
by ni_ko_mi | 2012-01-15 00:11 | ベルギーのビール
モンゴソ・ココナッツ樽
f0153267_11595266.jpg

去年ベルギーで飲んでおいしかったんで、楽しみでした。ココナッツの部分が、瓶だと香料っぽく感じるのだけど樽だとフレッシュなジュースで。

今回、日本で飲んでもおいしかった。すいすい飲めちゃう。それはココナッツジュース部分のおいしさなんだけど、ベースのビールとの相性もよくてほんのりと感じる苦味とか酸味とか炭酸がまた良かったり。二杯いただきました。デリリウムカフェトーキョーにて。
 
[PR]
by ni_ko_mi | 2011-11-19 11:59 | ベルギーのビール
ローデンバッハとグロッテンとペシェ
ちょいと用事でデリリウムカフェ・レゼルブへ。

f0153267_15404970.jpg
ローデンバッハ・グランクリュ。しっかり酸っぱくて暑い日にぴったり。


f0153267_15404929.jpg
鴨と夏野菜。このサイズで鴨ってなんとも贅沢。鴨は脂がおいしいですよね~。パリッと焼かれた皮もおいしい。野菜もおいしかったなー。うまみたっぷり。二種類あった茄子が特においしかった!


f0153267_15404963.jpg
グロッテンビア、ブラウン。まったり。酵母感。大瓶シェア♪


f0153267_15405033.jpg
リンデマンス・ペシェ樽。今までにも何度か出てましたが飲む機会を逃していて、これが初。しっかりした酸味と甘味はやっぱりリンデマンス。桃の風味は少し香料っぽいかな。デザート代わりにはアルコールも低いしちょうどいいですね。
 
[PR]
by ni_ko_mi | 2011-08-27 15:40 | ベルギーのビール
リーフマンス (Fruitesse)
f0153267_081047.jpg
Liefmans Fruitesse 。オンザロックでの飲み方が提案されているこのビール。暑い夏には氷がほしくなったりもしますし、それで甘めでフルーツ果汁入りのビールで色も綺麗な赤、というのはとりあえずの入り口としてなかなかうまい狙いではないかと思います。

肝心の味の方は、リーフマンスなのでそこそこちゃんとおいしいんですが(リーフマンスとして期待すると期待はずれかな)、ただ、氷を入れるには味が少し弱いかも。よく冷やして、氷を入れずに飲む方がおいしい気がしました。それか、リーフマンスのサイトに載っているようにライムなど別の要素を足すか。

チェリーをベースに18ヶ月間熟成させた後、ストロベリー、ラズベリー、チェリー、ブルーベリー、ジュニパーベリーのフレッシュジュースをブレンドして造られたとのこと。ほぼジュースの味ですが、いろいろな味がして面白いです。
 
[PR]
by ni_ko_mi | 2011-07-31 23:54 | ベルギーのビール
クリーク・デランケ
f0153267_21343239.jpg

これ久しぶり。まず色が綺麗。味もうっとり。酸味と渋味とほんのり甘味とクリークの風味と……おいしいです。ていうか好き。デランケ ラヴ。デリリウムカフェ・トーキョーにて。
 
[PR]
by ni_ko_mi | 2011-07-30 21:34 | ベルギーのビール
湘南ゴールド&パイナップルエール&アップルバーガー
f0153267_22301342.jpg

f0153267_2230137.jpg

ウルケルの後、続けて二杯。サンクトガーレンのフルーツビールです。

これは両方とも甘味はそんなに無くて、グレープフルーツっぽい華やかなホップの香り・風味のビールにフルーツが違和感無く溶け込んでとってもおいしい。フルーツビールの方向性のひとつとして素晴らしいビールだと思います!

湘南ゴールドはホップの風味と近く、パイナップルは別の風味として感じられ、そして相性よい。んー、おいしかった。今の季節にぴったり。


f0153267_22301394.jpg

その後少し歩いてハンバーガー。シナモンと煮たアップルが一緒にはさんであるアップルバーガーを食べてみました。バンズと肉がとにかくおいしいのだけど、さらに林檎の甘味と酸味が合う。そして後味もさっぱり。トマトスープも飲んでお腹いっぱい。ごちそうさまでした。写真ブレブレですいません。酔ってました。
 
[PR]
by ni_ko_mi | 2011-07-12 22:30 | 日本のビール