タグ:レッドビール ( 33 ) タグの人気記事
クーデシャルルの新旧グラス
f0153267_19415397.jpg

f0153267_19415322.jpg

f0153267_19415388.jpg

f0153267_19415321.jpg


一杯目はクーデのブリューン。お久しぶりねのやや薄めな甘酸っぱさ。後はまたウイットと、リンデマンスの…カシスだったかな?

ソーセージはトマトバジルでおいしかった!ベルオーブ六本木にて。
 
[PR]
by ni_ko_mi | 2012-02-29 19:41 | ベルギーのビール
ローデンバッハとグロッテンとペシェ
ちょいと用事でデリリウムカフェ・レゼルブへ。

f0153267_15404970.jpg
ローデンバッハ・グランクリュ。しっかり酸っぱくて暑い日にぴったり。


f0153267_15404929.jpg
鴨と夏野菜。このサイズで鴨ってなんとも贅沢。鴨は脂がおいしいですよね~。パリッと焼かれた皮もおいしい。野菜もおいしかったなー。うまみたっぷり。二種類あった茄子が特においしかった!


f0153267_15404963.jpg
グロッテンビア、ブラウン。まったり。酵母感。大瓶シェア♪


f0153267_15405033.jpg
リンデマンス・ペシェ樽。今までにも何度か出てましたが飲む機会を逃していて、これが初。しっかりした酸味と甘味はやっぱりリンデマンス。桃の風味は少し香料っぽいかな。デザート代わりにはアルコールも低いしちょうどいいですね。
 
[PR]
by ni_ko_mi | 2011-08-27 15:40 | ベルギーのビール
デュシャス 飲み比べ
f0153267_013838.jpg

ベルゴで。Duchesse de Bourgone の樽生とvintage 2009の3リットルボトル。大瓶、おいしかった!味もしっかり、まろやかで、いろいろな味がして。落ち着いていて、熟成されてて。樽の方も、軽すぎる時がたまにあるけど今回はしっかり甘酸っぱくて、おいしかった。大瓶より軽い感じも面白い。大瓶の方がおいしいけど、樽もこれはこれで良い。どちらもそれぞれにおいしかったです。
 
[PR]
by ni_ko_mi | 2011-07-31 23:55 | ベルギーのビール
ベルオーブ豊洲で秋の訪れ♪
10月分はできるだけ10月中に投稿しようとラストスパートをかけていたのですが、あっという間に11月になり、なったらなったでもう別にどうでもいいかーと思ってしまう駄目な自分であります。それでもできるだけ忘れないうちに投稿して行こうと思います。(10月分は10/31付で投稿します)

さて、四周年で遊びに行った豊洲にまたお邪魔しに行きました。

f0153267_031611.jpg
まずはルル・ブラウン樽。すっきり。すいすいと。ほんのり甘味があって、カラメル風味もあって。夏にごくごく飲みたいビールとはまた違う、秋向きの軽めビールかも。


f0153267_061175.jpg
料理はおまかせで・・・というか、とある常連さんの名前がついた前菜盛り合わせ、"○○さん盛り" こと "秋の訪れ"。写真奥左から(時計回りに)、シェリービネガーのしめ鯖と天使の海老サラダ仕立て、鶏レバームース、かぼちゃのキッシュ、里芋とアオリイカとなんとかイカのグリル、ホタテとアスパラのパイ。どれもおいしかった、どれもおいしかったのだけど、特に鶏レバームース!!!これはおいしかったなぁー。大人になってよかったと思った。ウエストマール・ダブルを合わせたい味。


f0153267_045630.jpg
久しぶりのクーデシャルル・ブリューン。甘酸っぱくておいしい。クーデは多少ブレがあるビールだと思うのですが、これはどちらかというと少し濃いめ?味がしっかり。酸味はそこまででもない。


f0153267_0472270.jpg
きのこパンとハンバーグ。パンは最初にも食べていたのだけど、ハンバーグのソースをつけて食べたくなっておかわり。ハンバーグはジューシー!肉汁がじゅわー。自分でもこう作れたらいいのだけど。野菜もたっぷり。ご飯(米)にも合うと思いますが、酒のつまみとしても手軽というか手頃でよい。おすすめ。


ビールも料理も色が濃くなり、すっかり秋です。
 
[PR]
by ni_ko_mi | 2010-10-31 23:31 | ベルギーのビール
ローデンバッハ・グランクリュと...
f0153267_15473769.jpg
f0153267_15474490.jpg

ローデンバッハ・グランクリュ(樽生)。酸っぱい!おおー。酸っぱいわ。最近飲んだグランクリュの中では一番酸っぱいかも。梅干のように、思い出すだけで口の中がキュッとしてくる酸味でした。この日のは濃いというより、酸っぱい。もちろん他の味もしますが。

おつまみにはクリームチーズとゴルゴンゾーラ、蜂蜜のカナッペ生ハム添え。蜂蜜の甘味でグランクリュの酸味がやわらかくなりました。ゴルゴンゾーラの臭味(そこがうまいんだけど!)もすっきり流してくれて。けっこう合う組み合わせでした。生ハムの塩気がまたいいんですねー。DCRにて。

Brouwerij Rodenbach
[PR]
by ni_ko_mi | 2010-02-07 15:44 | ベルギーのビール
ローデンバッハ・クラシック (樽)
f0153267_23545845.jpg

以前飲んだ時は薄い印象だったんですが、今回のは風味豊かで好み!グランクリュと比べると酸味はそんなに無くてあっさりさっぱりな味だけど、むしろ葡萄っぽい風味を感じたりして面白いです。どこからこの味になるのか。

DCTにて。
[PR]
by ni_ko_mi | 2009-12-29 23:54 | ベルギーのビール
デュシャス大瓶
f0153267_2195285.jpg

Duchesse de Bourgogne(6.2%、Verhaeghe Vichte)
大瓶もおいしいんですよね。しっとりとして重みがあって。でも甘味と酸味で飲みやすい。樽のフレッシュさも捨てがたいけど、大瓶もやっぱり好きです。Frigoの続き。
  
[PR]
by ni_ko_mi | 2009-09-22 02:25 | ベルギーのビール
レッドビール祭
8月はトラピスト巡礼の他にレッドビール祭でもありました。
ベルオーブ系列でのレッドビールウイーク、そしてフリゴ系列ではデュシャスの樽。
飲むことができたビールを振り返ります。

まずは投稿済みの Rodenbach Grand Cru DUCHESSE DE BOURGOGNE


f0153267_8154538.jpg
Rodenbach Classic(5.0%、Rodenbach(PALM))
樽です。酸味が出ておらず、やや拍子抜け。ただ酸味が弱い分、その他の風味の部分が感じられて面白かった。爽やか。葡萄の果実・皮のようなフルーティな風味、ほんのりとしたオーク樽の渋味。これはこれで面白いなぁと思いつつ、3日後ぐらいには酸味が出てるだろうか?と思った。ベルオーブ六本木にて。

f0153267_81638.jpg
Vichtenaar(5.1%、Verhaeghe Vichte)
続けてヴィヒテナール樽。やっぱりヴェルハーゲ(醸造所)、と思う甘酸っぱさ、風味。でもデュシャスと違うのはどこなのか?味の濃さ?ヴィヒテのの方が軽いというかさっぱりしている印象。飲み比べたい、ってことで後で飲み比べます。


f0153267_8165215.jpg
Duchesse de Bourgogne(6.2%、Verhaeghe Vichte)
巡礼の Westvleteren 8 の後に。樽らしい軽さで、あまずっぱー、うまー、な感じ。もはや定番かな。ヒューガルデン的な。ほんのり渋味があって、葡萄っぽい風味もあって、おいしい。フリゴ・エストにて。

この時彼が Rodenbach Grand Cru の小瓶を飲んだので少しもらいました。樽よりも酸味が落ち着いていて深みが出ていておいしかった。樽のフレッシュな切れ味鋭い酸味も好きです。


f0153267_8171698.jpg
f0153267_8172761.jpg
Rodenbach Classic(5.0%、Rodenbach(PALM))
味が変わってるかしら?と4日後に。あまり変わらなかったですね。酸味は同じ、弱めです。その分、酸味以外の風味がはっきりして面白い。甘味はほんのり程度。一杯飲んで、別のもの飲んで、また飲んでおこうと頼んだらグラス半分で樽が終了。というわけで底の部分も飲めたんですが、あまり違いは無かったです。少し落ち着いてる感じはありましたが。

ちなみにこの写真のグラスは caves のもので、Rodenbach Classic の専用グラスはこちら



f0153267_818132.jpg
f0153267_8183359.jpg
f0153267_8184724.jpg
Duchesse de Bourgogne(6.2%、Verhaeghe Vichte)
Vichtenaar(5.1%、Verhaeghe Vichte)
caves(5.8%、Verhaeghe Vichte)
DCRでヴェルハーゲ祭。後は Queue De Charrue Brune があれば完璧だったんですが、一杯目のデュシャス樽のグラスでの登場のみ。残念。それはともかく、やってみたかった飲み比べです。やっぱり味の方向性は似ているんですが、味の濃さは デュシャス>ヴィヒテ>ケイブス。デュシャスは樽でも濃いですね、比べると。ややまったり、しっとり。ヴィヒテはさくさく飲むのにちょうどいい軽さ。どちらも渋味がアクセントでおいしい。ケイブスは色も味も軽いけど、酸味は目立ってました。甘味弱め。


f0153267_819247.jpg
Felix Speciaal Oudenaards(5.8%、Verhaeghe Vichte)
おまけにもう一種。元々はフランダースブラウンビールなのだそう。醸造所の廃業に伴い、ヴェルハーゲで醸造されることになったそうです。写真だと分かりにくいと思いますが、レッドビールは色に赤みがあるのに対し、こちらは純粋に茶褐色。酸味は弱く、香ばしさと甘味がありました。


追加。
f0153267_2249052.jpg
Vichtenaar(5.1%、Verhaeghe Vichte)
DCTにて。やっぱりなんというか、おいしいですね。今の暑さにはちょうどいい濃さ(薄さ)だと思います。麦のふくよかな香ばしい風味、渋味、甘味、酸味、レッドビール万歳。
  
[PR]
by ni_ko_mi | 2009-08-30 08:19 | ベルギーのビール
ドゥシャス・デ・ブルゴーニュ
スペイン料理の前にフリゴに寄った時、ドゥシャスの樽が出ていて悩んだんです。飲みたい、飲みたいけど、西荻窪に行かなければ…!

というわけで、翌日に行っちゃいましたよ。ドゥシャスだわーい!

f0153267_2139732.jpg

ドゥシャスらしい甘酸っぱさ、やや甘味が強いかな?フルーティさたっぷりにほんのり渋味。あー、ドゥシャスだよこれ、ありがとう!って意味不明?いい意味で相変わらずの味だなーと思って二杯飲みました。瓶もいいけど樽の軽さも好きです。DC系でも飲まなきゃな。

三杯目はレッドビールつながりでブルゴーニュ・ド・フランドルを飲んでみたんですが、似たような甘酸っぱさはあるものの味が薄いというかボケてるというか。コンディションのせいかもしれないですが、ドゥシャスをもう一杯飲めばよかったと思ってしまいました。
   
[PR]
by ni_ko_mi | 2009-08-15 21:39 | ベルギーのビール
寄り道レッドビール (ローデンバッハ)
f0153267_2351566.jpg

Rodenbach Grand Cru (6%、Brouwerij Rodenbach)
ピラートのグラスですが中身はローデンバッハ・グランクリュです。夢にまで見た樽生。ベルギーで飲み損ねた樽生。今週は巡礼中なんですが、レッドビール・ウィークと言われては寄らずにはいられない。たとえ台風が来そうでも。ってことで巡礼はお休みで飲んできました。カレーも出るしね。

くっきりはっきりな酸味。甘味はあるけど目立たず。渋味も目立たず。重くなく、濃い印象。フルーティな香り・風味にうっとり。赤ワインのような、酸味はパイナップルのような。個人的な好みで言えばもうちょい甘い方が好きですが、それでもこれはおいしいです。料理にも合うし。これだけ3杯飲んでしまいました。

料理は鰯のグリエとビールカレー。どっちもうまし!
  
[PR]
by ni_ko_mi | 2009-08-10 23:19 | ベルギーのビール