仔羊のロティ
f0153267_0104258.jpg




f0153267_035346.jpg
f0153267_012644.jpg

ロティはあぶり焼き。写真上から順に、(月)パセリとニンニクのグリーンソース、付け合せはじゃが芋のガレット。(水)マスタードソース、付け合せは空豆と茄子。(土)黒トリュフのソース、付け合せはパプリカととうもろこし。どれもおいしかった。偶然かもしれないですが、徐々に羊の風味が強くなっていって、それも楽しかった。月曜日のはすごく上品なフレンチで、肉にしっかり塩味がついていてしっかり焼かれていて、羊の風味は前に出ないようになっていて。後味にふわっと。水曜日のは少し野生的というか、素材の味が生かされた夏っぽい一皿に。土曜日はまたこれも羊だわーという羊好きにはたまらない味で。さらにとうもろこしが甘くて最高。

DCRの総料理長だったWさんが5月で退職されることになり、その最後の一週間が羊祭でした。毎日は行けなかったけど、3日間、堪能しました。肉、野菜、ソースどれもおいしくて食べ終わるのがもったいないぐらい。食事としてもおいしいし、酒のつまみとしても最高。うまい酒にはうまい料理。幸せな一週間。ごちそうさまでした。またいつか食べられる日が来ることを夢見て。
[PR]
by ni_ko_mi | 2009-05-31 23:59 | 料理紹介
<< ガンブリヌスで飲み倒れ 野菜がどっさり >>